映画「トランスポーター」のあらすじとネタバレ ジェイソン・ステイサム主演超人気シリーズ第1弾

トランスポーターアイキャッチ

こんにちは、エンタメブリッジライターのさくやです。

今回は「トランスポーター」についての作品紹介、あらすじ、見どころについて解説していきます。

トランスポーターといえば主演のジェイソン・ステイサム!!

何とも言えないかっこよさです笑

トランスポーターは2002年製作のフランス・アメリカのカーアクション映画で、

また、続編「トランスポーター2」は2005年、そして2008年には「トランスポーター3 アンリミテッド」も公開されており、超人気のカーアクション映画となっております。

さらにさらに、2012年から「トランスポーター ザ・シリーズ」というテレビドラマも放送されているんです。

今回はその原点となる初代トランスポーターについて解説していきます。

1.「トランスポーター」の作品紹介

公開日: 2001年10月23日 (フランス)
監督:ルイ・レテリエ、コリー・ユン
脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
製作:リュック・ベッソン、スティーヴ・チャスマン
音楽:スタンリー・クラーク
出演者:ジェイソン・ステイサム(Jason Statham)、スー・チー(舒 淇)、フランソワ・ベルレアン(François Berléand)。

2.「トランスポーター」のあらすじ

トランスポータービジュアル1
画像出典:https://pc.video.dmkt-sp.jp/ti/10001442

映画ですからストーリー性も大事な要素ではあると思うのですが、何せこの映画のジャンルはカーアクションです!

実際の映像で存分に雰囲気を味わってもらいた一作ですね。

続いては「トランスポーター」のあらすじを見ていきましょう!

「トランスポーター」のあらすじ(ネタバレなし)

ジェイソン・ステイサム演じる主人公フランク・マーティンは闇の世界で働くプロの運び屋です。

卓越したドライビング技術でどんな依頼品でも必ず指定の場所まで届けます。

そんな彼が自らに課している「絶対ルール」なるものがあるのですが、それが

  • ①契約厳守
  • ②互いに名は伏せる
  • ③依頼品は開けない

の3原則です。

フランクの最初の任務は銀行強盗を指定の場所まで送り届けること。

銀行の前で待機していたんですが、契約では輸送人数3名でした。
しかし、車に乗り込んできたのは4人!

3原則の「①契約厳守」を絶対に譲らないフランクに痺れを切らし、急ぐ強盗犯は仲間の1人を射殺してしまいます。

そしてここから緊迫したカーチェイスのスタートです!

実際のカーチェイスシーンは本編でお楽しみください。
なかなか文章で説明するのは難しいものがありますし笑

そしてフランクに新しい仕事が舞い込んできます。

依頼品は大きな鞄1つ。

荷物を依頼者から受け取り、輸送している途中、山道で車がパンクしてしまいます。

タイヤ交換のためにトランクを開けたフランクは荷物が動いているのに気づいてしまいます。

気になったフランクは、つい「依頼品は開けない」という規則を破り、鞄を開けてしまいます。

鞄の中に入っていたのは、なんと人間だったんです。

中国人のライという名前の女性。

まずいぞフランク。ルールを破るなんて。

フランクは自らに課した絶対ルールを破ってしまったがために、様々なアクシデントに巻き込まれていきます。

「トランスポーター」のあらすじ(ネタバレあり)

銀行強盗を送り届ける任務では、フランクの愛車である「99年型黒のBMW735」が街の中を駆け抜けます!

観ていてカッコいい車とジェイソン・ステイサムがめちゃくちゃしっくりきたというか、映えるなぁと思いましたね笑

狭い街道の中をパトカーとカーチェイスするんですが、初めて観たときは一体どこなんだろうと思っていたら、警察の車がプジョーだったので、「あぁー、フランスか」ってなりました。

この映画はフランスとアメリカの共作みたいですね。

この後でも紹介しますが、フランス人の有名俳優フランソワ・ベルレアンも刑事役で出演します。

最初の任務を終えたフランクはニースにある自宅で愛車の整備を行っていました。

車は運び屋にとっての「命」といえるほど大切なものです。

そこへ、ニース警察のフランソワ・ベルレアン演じる、タルコーニ警部がやってきます。

銀行強盗の共犯者として、フランクのBMW735と同じ車の持ち主を探していてフランクの所を尋ねてきたのでした。

ガレージには何枚ものナンバープレートが用意されていて、フランクはすぐにナンバープレートを変えていたため、その場を何とか切り抜けます。

ここから本筋のお話が始まっていきます。

ネタバレなしのあらすじでもご紹介したように、フランクはある1つの鞄を運ぶよう依頼を受けます。

そして、預かった鞄に人が入っていることが分かり、つい自らに課した絶対ルールを破って開けてしまいます。

鞄の中に入っていた女性はライという中国人の女性。

人が入っていたと言えど、プロの運び屋たるもの依頼を受けた荷物を運ばないわけにはいかず、フランクは受取人の元へ鞄を届けます。

鞄を開けたか?

という受取人の質問に対して

開けていない

と嘘をつくフランク。

そして、その依頼人から新たに荷物を運ぶように指示を受け、フランクは引き受けるのですが、その荷物には爆弾が仕掛けられていて、フランクの命を狙ったものだったのです。

このままでは、フランクが車もろとも木端微塵です。

それでは映画が終了してしまうので、フランクが休憩を取っている間に車が爆発するんです笑

間一髪のところで助かったフランクですが、依頼人はフランクの嘘を見破っていて殺そうとしていたんです。
激怒したフランクはさっきの敵のアジトに舞い戻り、次々と敵たちを倒していきます。

ここでの格闘シーンもまたカッコいいんです!

そしてさっきの女性ライと共にアジトから逃げ出します。

実は、この映画の黒幕は荷物の受取人の男とライの父親なんです!
ライの父親は中国人の人身売買を行っていて、娘ライがやめるように説得するも、やめようとはしません。

フランクとライは共に人身売買の被害者をコンテナから救い出すために敵に立ち向かっていくのです。

3.「トランスポーター」の見どころ

トランスポータービジュアル2
画像出典:https://pc.video.dmkt-sp.jp/ti/10001460

さて続いては「トランスポーター」の見どころをご紹介していきたいと思います。

見どころ満載すぎて書ききれないのと、圧巻のアクションシーンは何とも表現しがたいものです。

とにかくこの映画はたくさんの人に楽しんでもらえると思います!

フランク・マーティンの凄腕に運転技術

プロの運び屋として高額な収入を得て、依頼品を輸送するフランクですが、そのドライビング技術といったらもう誰も真似できません!

冒頭のパトカーとのカーチェイスなんてどう考えても逃げ切れるはずないじゃないか、ってところまで追いつめられてもしっかり逃げ切るフランク。

冒頭の銀行強盗のくだりを紹介しましたが、その際も3人+フランクの重量で車を調整しているという理由で4人乗ることを拒否しました。

依頼を受け取る際は、荷物の寸法や重量を細かく聞いてから仕事を引き受けるという徹底ぶり。

私は車に全然詳しくないので分かりませんが、少しの重さの違いで運転している時の感覚だったり、車体自体の動きなども変わってくるんですかねぇ?

車に詳しい方ならまた違った視点からもこの映画を楽しめるのではないでしょうか。

車だけじゃないアクションシーン!

主人公のフランクは、かつて軍の特殊部隊に所属していた退役軍人です。
そのためフランクは運転が凄いだけでなく、アクションもすごい!

本編後半に、敵の一味とフランクが一対多数でアクションをするシーンがあるのですが、さすがに敵が多すぎて、押さえつけられてしまえば数の暴力でこちらがやられてしまいます。

そんな危機的状況で工場にあったオイルをぶちまけるフランク。

あえて全身オイルまみれにすることで敵がフランクを掴もうとしても滑ってできません。

敵もフランクもオイルまみれになった状態で、自転車ペダルを靴にひっかけて蹴り技を敵にお見舞いするアクションシーンは必見です!

4.「トランスポーター」をおすすめしたい人

トランスポータービジュアル4
画像出典:https://meddic.jp/

個人的にジェイソン・ステイサムは一押しの映画俳優です。

彼を知っている人にも、知らない人にも是非観て頂きたいです。

そしてジェイソン・ステイサムのファンが一人でも増えると嬉しいですね笑

さて、ここまでお話してきた「トランスポーター」ですが、次のような人におすすめの映画となっております!

爽快アクションでスカッとしたい人

この「トランスポーター」の見どころは大迫力のカーアクションだけではないんです!

俳優ジェイソン・ステイサムは「トランスポーター」をきっかけにアクション俳優としての地位を確固なものにしていったと言われているのですが、彼のかっこいい格闘シーンもまたこの映画最大に見どころです。

敵のアジトへ乗り込んでいくシーンや、敵の一味と一対多数で戦うシーンなど、次々と敵を倒していくフランクを見ているとスカッとした気分になります笑

カーアクション映画をこれまでに観たことがないという人も十分に楽しめる映画だと思います。

そしてこの映画を観終わった後にはジェイソン・ステイサムのファンになっていること間違いなし!!

車が好きな人

トランスポータービジュアル5
画像出典:https://cobby.jp/transporter-cars.html

私は車は好きですが、そんなに詳しくはないのでフランクの愛車も車の型の判別などはできなかったです。
シンプルにカッコいいなぁと思いましたけどね笑

フランクの愛車はBMWの第7シリーズの735iというそうです。

「トランスポーター」は題名の通り”車”に思いっきり焦点が当てられた映画になっています。

車を魅せるために1つ1つのシーンがよく考えられていて、非常にかっこよく、大迫力のカーアクションはもうクルマ好きにはたまらない作品です。

ジェイソン・ステイサムが好きな人

ジェイソン・ステイサムは海外俳優の中でも私の好きな俳優さんの1人です。

ジェイソン・ステイサムはイギリス出身のハリウッドスター。
様々なアクション映画に出演しており、ワイルドな風貌に鍛え上げられた肉体美、無口でダンディな所が魅力ですよね!

彼が出演した映画作品で主なものをあげてみると

  • トランスポーターシリーズ
  • エクスペンダブルズシリーズ
  • ワイルドスピードシリーズ
  • デス・レース

などがありますね、日本でも有名な映画にバンバン出演しているジェイソンステイサム。

そんな彼の演技をまだ観たことがない方は是非「トランスポーター」を観てみてください。

ハマること間違いなしです!

5.まだまだ続くトランスポーター!

トランスポータービジュアル6
画像出典:https://chantama.com/book-movie/movie/thetransporter

超人気カーアクション大作「トランスポーター」にはたくさんの続編があります。

初代「トランスポーター」をご覧になった方もそうでない方も是非、これを原点として続編も楽しんで頂きたいのです!

  • ①「トランスポーター」(2003年(日本))
  • ②「トランスポーター2」(2006年(日本))
  • ③「トランスポーター3 アンリミテッド」(2009年(日本))
  • ④「トランスポーター イグニション」(2015年(日本))

トランスポーターイグニション
画像出典:https://movies.yahoo.co.jp/movie/353659/

「トランスポーター3 アンリミテッド」まではジェイソン・ステイサムがフランク・マーティンを演じており、「トランスポーター イグニション」からはエド・スクラインというイギリスの俳優が2代目フランク・マーティンを演じています。

私はまだ「トランスポーター3 アンリミテッド」までしか観たことないので続編も観てみようと思います。

新たなフランク・マーティンも楽しみです!

みなさんも是非トランスポーターシリーズをお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です