映画「紙の月」は実話?!キャストとあらすじ紹介!【ネタバレあり】

紙の月メイン

こんにちは。

エンタメブリッジライターのハイリです。

今回は、2014年公開の日本映画「紙の月」をご紹介します。

この作品は、宮沢りえさんが主演ということや、元AKB48の大島優子さんも出演しているということで話題になりました。

原作は、「八日目の蝉」などで知られる角田光代さんのベストセラー小説です。

この映画は、第38回日本アカデミー賞で、最優秀主演女優賞や、 優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞など、数多くの賞を受賞しています。

宮沢りえさんが、本当に美しいです!

では、早速、紹介していきましょう。

1.「紙の月」の作品紹介

公開日:2014年11月15日 (日本)
監督:吉田大八
原作者:角田光代
出演者:宮沢りえ(梅澤梨花)、池松壮亮(平林光太)、大島優子(相川恵子)、田辺誠一(梅澤正文)、小林聡美(隅より子)、他。
受賞歴:
第38回日本アカデミー賞では、最優秀主演女優賞、優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀助演女優賞、新人俳優賞、 優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀録音賞、優秀編集賞を受賞。他の映画祭等でも多数の受賞歴あり。

2.「紙の月」のあらすじ紹介

紙の月あらすじ
画像出典:https://kutsushitaeiga.wordpress.com/

それでは、早速ですが、「紙の月」のあらすじを紹介していきたいと思います。

「紙の月」のあらすじ(ネタバレなし)

舞台は、バブルが崩壊した後の1994年。

主人公の梅澤梨花(宮沢りえ)は、専業主婦からパートで始めた銀行での仕事ぶりが評価され、契約社員に昇格しました。

梨花は、子供のいない夫との二人暮らしです。

夫は、温厚ながらも梨花にあまり興味を示そうとしない日々です。

そんな中、銀行の外回りで、とある資産家の老人の家を訪問します。

その家で、老人の孫である平林光太(池松壮亮)と出会います。

後日、光太と駅の改札で偶然再会したのを契機に、梨花と光太の2人は不倫関係になります。

2人は、外で会うようになりますが、偶然にもその頃、梨花の夫が中国に転勤が決まります。

梨花の夫は、妻と一緒に転勤するつもりですが、梨花は難色を示します。

やがて梨花は、仕事を理由にして夫の転勤について行かず、家に1人で残ることにします。

ある日、梨花は、光太の祖父から光太が多額の借金をしているという話を耳にします。

梨花はその真相を光太に問い詰めます。

すると、光太は大学の学費に困って借金をしているということでした。

光太の祖父は資産家であるにも関わらず、学費に困って借金をしている孫に、お金を貸してくれないというのです。

その事実を知った梨花は、光太の祖父から銀行に預ける金として受け取った200万円を横領してしまいますが……。

「紙の月」のあらすじ(ネタバレあり)

紙の月ネタバレあり
画像出典:https://blog.goo.ne.jp/taku6100

梨花は、銀行で、細やかな気遣いのできる、美しい営業担当者として評価されています。

同じ銀行で事務職担当の相川恵子(大島優子)は、お局様である、隅より子(小林聡美)にいつも小言を言われ続けています。

女性ロッカー室で恵子と一緒になった梨花は、最近身なりが派手になっているのではないかと恵子から注意されます。

より子が、女性社員達に厳しい目を光らせているのを梨花に忠告したのです。

梨花は、高い化粧品に手を出したり、私服の服装も徐々に以前より派手になってきていました。

そんな中、お局様である隅より子の本部への異動が決まります。

ベテラン社員の給与カットが背景にあるのではないか、と恵子は梨花に秘密裏に話します。

実は、恵子は、上司と不倫関係にあり、銀行の水増し会計に手を貸していたのです。

一方、梨花と光太の不倫関係はどんどんエスカレートしていきます。

梨花は、光太の祖父からだまし取った金を光太に渡し、学費に当てるように言います。

光太は、最初は受け取りを拒否しますが、やがて徐々に梨花に金を返すことを約束して、最終的にはお金を受け取ってしまいます。

そこから梨花の銀行の金の横領はエスカレートしていってしまいます。

梨花は、顧客からだまし取った金を、光太との食事や高級ホテル代、ショッピングやマンション代など、湯水のようにつぎ込んでいきます。

始めは梨花は現金主義者でクレジットカードを持っていなかったのですが、クレジットカードを作ってからはどんどんお金を使うようになります。

光太と梨花は、だまし取った金で高級車に乗り、贅沢な遊びをします。

紙の月光太
画像出典:https://blog.goo.ne.jp/taku6100

梨花は、子供の頃、お嬢様学校に通っており、発展途上国に向けて集める募金活動に過剰な思い入れを持っていました。

キリスト教系の学校であり、与えられるよりも与える人の方が幸せであるという信念のもと、募金をしていました。

やがてクラスメイト達は、募金しなくなり、教師も無理しないで良いとアドバイスしていましたが、梨花だけは、途上国の子供から送られてくるお礼の手紙が嬉しくて募金活動を続けました。

梨花は、募金をするために、父親の財布から無断で5万円を抜きとり、途上国の洪水被害への募金を続けたのです。

子供ながらに梨花は、お金を人から盗んでまで、助けたい誰かに金を渡していたのです。

光太との不倫関係は、徐々に派手になりますが、大学を中退した光太は荒んだ生活を送るようになります。

そしてある日、光太のマンションを訪ねた梨花は、若い女と光太が寝ていることを知ります。

そして光太と梨花の2人は別れます。

再び梨花は無気力な生活に戻ってしまいます。

やがて、梨花による銀行での横領事件が、より子の手によって明らかになります。

ですが梨花は、上司に対して、恵子との不倫関係や、水増し会計のことをチラつかせて、自分の横領を表面化させないように脅しをかけます。

上司は、梨花の脅しに屈して、一時は横領の事実を隠しておきます。

ですが、より子は、梨花本人から横領のことを聞いたこともあり、独自に顧客を回るなどして真相を解明しようとします。

そして、ついに梨花の横領は上役の知れるところとなりました。

より子と相対した梨花は、より子の目の前で、窓ガラスを椅子で割り、階下に飛び降りて逃走します。

後日、海外に逃亡した梨花の姿があります。

かつて梨花が、子供の頃に募金をしていてお礼の手紙をくれていた男性のような人物が目の前に現れます。

男性の特徴のある顔をじっと見る梨花ですが、地元警察の姿を目にし、街の雑踏に消えていきます。

3.「紙の月」の見どころ

紙の月ネタバレ中
画像出典:https://blog.goo.ne.jp/taku6100

それでは、「紙の月」の見どころをいくつかご紹介します。

豪華俳優陣の素晴らしい演技!

主演の宮沢りえさんの円熟した女性の美しさは目を見張るものがあります。

宮沢りえさんは、日本アカデミー賞では最優秀主演女優賞を受賞していますが、納得の演技で素晴らしいです。

脇を固める重要な役所の大島優子さんと小林聡美さんが2人とも日本アカデミー賞の優秀助演女優賞を受賞していて、主人公の不倫相手の大学生を演じる池松壮亮さんが同賞の新人俳優賞を受賞しています。

小林聡美さんが演じるお局のベテラン銀行員は、かなりリアリティがありますので、どこかで見たことある!と思わず唸ってしまいそうです。

大島優子さん演じるお気楽な銀行員も、こういうOLって本当にいるよね!と納得させられます。

是非、豪華俳優陣の素晴らしい演技に注目してみてください。

吉田大八監督の高度な演出力!

「桐島、部活やめるってよ」(2012年)で、大ヒットを飛ばした吉田大八監督がこの映画でもメガホンを取っています。

吉田大八監督は、人間観察力の高さが素晴らしいという風に言われています。

今回の「紙の月」でも、人物描写がとても素晴らしく、見応えがありますが、間違いなくこの吉田大八監督の腕の良さを示していると言えると思います。

特に、先ほども指摘した通り、お局様を演じた小林聡美さんなどのキャラクターの自然さや、誰の周りにもいそうなリアル感は、流石だなと唸ります。

宮沢りえさんをここまで美しく撮ったのも吉田監督の腕の良さ、つまり演出の上手さが伺えるといっても過言ではないでしょう。

サスペンスフルな横領シーン!

宮沢りえさん演じる梨花が、数々の横領に手を染めていきますが、その横領の手際の良さがこの映画の見所でもあります。

原作の小説では決して味わうことのできない映像作品だからこその醍醐味だと思います。

ほとんどが銀行の内部での横領なので、例えば洋画のギャング映画などにあるような爆発シーンや拳銃の発砲場面があるわけではありません!

むしろそういった類の映画に比べたら、銀行の横領はとても地味です。

地味ですが、リアルでとても見応えがあるのです。

実際に銀行に勤めている方にとっては、更に違った視点で見ることも可能なのではないでしょうか。

この横領の場面が、吉田監督の演出力の高さもあってとても見応えがありますのでオススメです。

4.「紙の月」は、こんな人におすすめ

紙の月おすすめ
画像出典:https://bibi-star.jp/

「紙の月」は、次のようなタイプの人に特におすすめです。

日常生活に不満のある女性の方

日常生活で、家族とのすれ違いや、孤独な都市生活などで不満のある女性には特におすすめです。

この映画の主人公の梨花は、元々は専業主婦でしたが、銀行のパートという立場から仕事ぶりを認められて契約社員に昇格しました。

夫との生活は、心の交流がうまくできておらず、夫婦の間に子供が生まれる気配もありません。

そんな冷めきった日常生活で梨花に訪れた年下の若い大学生との恋愛は、人生に生きがいをもたらしてくれたのだと思います。

そして、その不倫関係を始めてしまったことで、銀行の資金の横領を始めてしまいます。

そういった主人公の日常に少しでも共感の気持ちを抱ける女性は、横領という犯罪行為に手を染めていく主人公に共感に近いものを感じてしまうかもしれません。

(でも、決して本当に横領しないでくださいね!犯罪ですので……)

女性の気持ちを知りたい男性

日頃から妻や彼女、周りの女性陣の気持ちがよくわからない…と悩んでおられる男性陣は勉強のためにご覧になってみることをおすすめします(笑)。

主人公の梨花のような人物だけではなく、銀行員のお局様、より子や、お気楽なOLの恵子など、その辺に本当にいそうなキャラクター(笑)が溢れていますので、勉強になると思います。

主人公の梨花のように、日常生活に不満があって、不倫に走ってしまう女性、より子のように、真面目な堅物で、徹夜以外に自由にやりたいことが思いつかないような中年女性など、どういう気持ちで暮らしているかがわかるかと思います。

登場人物のどれかが、身の回りの女性に似ているかも(?!)しれませんよ。

銀行で上司が、お金の勘定は女性の方が細やかで向いているというようなことを呟く場面がありますが、細かい分、女に横領させたら怖いですね(笑)。

クライムサスペンスが好きな人

クライムサスペンス、つまり、犯罪系の映画が好きな人にもたまらない題材だと思います。

主人公の梨花が横領に手を染めていく過程がとても自然に描かれていますので、犯罪映画が好きな人には、特有のスリルがあって楽しめると思います。

ギャング映画のような派手な銃撃シーンなどはありませんので、心理的なサスペンスに近いです。

そして、犯罪者が女性というのも映画の中では割と少ない部類に入るかと思います。

宮沢りえさんが、美しすぎる銀行員の犯罪者を演じていますので、目を見開いて(!)見てみて下さい。

以上が、映画「紙の月」をおすすめする人でした。

5.「紙の月」私の視点

私の正直な感想ですが、

宮沢りえ、もっとやれ!

です(笑)。

今の日本を見ていると、世間体を気にして自分のやりたいように生きている大人がなんとまあ少ないことでしょうか!(自分も含めてですが……)

自分の人生、こんなものじゃないはず…と思うくらいなら、この映画の主人公のように、思う通りに生きた方がいっそ清々しいと思います。

最後の方のシーンで、より子が

自分がやりたいことが、徹夜くらいしか浮かばなかった。

と、梨花に向けて言いますが、ここなんです!

自分の本当にやりたいことに蓋をして生きている大人がなんと多いことか!

その点、主人公の梨花は欲望に忠実に生きています。

そんな梨花は、犯罪者でありながらも眩しく見えてしまいました。

またこの映画の原作者である角田光代さんは、実際の銀行で女性が横領した事件を参考にしたようですので、決してそのまま実話という訳ではないと思います。

ですが、登場人物の心理描写や行動などがとてもリアリティがあって、本当にあった話なのかもしれない、と観客は引き込まれてしまうほどです。

素晴らしい俳優陣の演技と、面白いストーリー展開ですので、一度鑑賞してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です