[ネタバレ・解説]「グランドイリュージョン1」天才マジシャンによるショーが観られる

グランドイリュージョンメインビジュアル

こんにちは、エンタメブリッジライターのモモコです。

今回は、グランドイリュージョン1についてご紹介します。

突然ですが、ヒーロー達は何のために集められていつも戦っているのでしょうか。

ヒーロー映画とは違うのですが、マジックの観点からそんな考えを見つけられる映画をご紹介します。

皆さんは、幼い頃どんなヒーローがお好きでしたか?

いつだって悪いものと戦い、みんなの味方につけるヒーローは素敵でしたよね。

グランドイリュージョンは、選ばれし4人達によるストーリーになっています。

はじめに、作品紹介から行なっていきます。

1,グランドイリュージョンの作品紹介

公開日: 2013年5月30日 (日本)
監督:ルイ・ルテリエ
脚本:エド・ソロモン、ボアズ・イェーキン、エドワード・リコート
原案:ボアズ・イェーキン エドワード・リコート
出演者:ジェシー・アイゼンパーク、ウディ・ハレルソン 、アイラ・フィッシー 、デイブ・フランコ 、モーガン・フリーマン 他。

2,グランドイリュージョンのあらすじ

グランドイリュージョンメインビジュアル
画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=CvNgRV3FjRA

ここからは、グランドイリュージョンのあらすじになります。

ネタバレなしでは、フォー・ホースメンがどのように活躍するのかをご紹介し、ネタバレありでは、マジックの解説やラストシーンまでをご紹介していきます。

グランドイリュージョンのあらすじ(ネタバレなし)

アイによって集められたエンターテイナー4名が指示に従ってマジックを繰り広げていきます。

アイの正体や選ばれし4人「フォー・ホースメン」のトリックを考えながら見続けることができますよ。

開催場所は全3回に分かれていま

大がかりなショーにするため出資者がいたりと突然の割にはしっかりと準備が行われています。

そんな彼らのショーは、世間を騒がせ、一気にその名を広げていきます。

しかし、トリックの内容はかなり過激。

驚く点は、毎度、大金をあらゆる手で奪っていくのです。

観客にとっては嬉しい状況ですが、FBIは黙っていません。

激しい逃走を繰り返しながら潜り抜けて、いつの間にか次のショーへと進んでいきます。

FBIが動き始めた時、同時にマジック解説を行なっているある男サディアス・ブラッドリーも謎を解くために、動き出します。

サディアスの職業は、トリックを見破ることを仕事にしていて彼が放送するサイトには、多くのアクセスが集められます。

フォー・ホースメンの登場により、サイトは盛り上がること間違いなし。

毎回、開催地まで足を運ばせています。

グランドイリュージョンメインビジュアル
画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=CvNgRV3FjRA

・ショーの種明かしについて

グランドイリュージョンには、マジックの後に解説がついてきます。

見終えるまでに謎が解き明かされ、テンポの良い進み方が特徴的です。

種明かしを知った状態でもポイントを抑えながら、繰り返し楽しめる映画になっていますよ。

グランドイリュージョンのあらすじ(ネタバレあり)

ここからは、ショーの内容や解説も踏まえた全体のストーリーを説明していきます。

全体の鍵を握るのは、アイの存在にあります。

なぜ、このショーは開催されたのか、何の目的で一緒にショーを行なっているのかは本人達も知りません。

突如、招待状が届けられたのです。

アイの存在を知っているメンバー達は、入団できる希望を持って人々にショーを見せていくのです。

アイとは、謎の秘密結社のことで、マジシャン達はみんな憧れを抱く偉大な組織のこと。

マジシャンとしてハイレベルな一員になれるなら、認められるように頑張りますよね。

彼らは、正体が知らないまま、どこかで見ていると存在を信じてショーの実行に移っていきます。

どこまでがアイの思惑で行動され、どこがフォー・ホースメンの実力なのかも見つけることが終盤にかけてわかってきます。

グランドイリュージョンには、全3回のショーが行われます。

それらの内容は、全て大金を盗み出すことを計画にしたものでした。

・1回目:パリからの銀行強盗

グランドイリュージョンメインビジュアル
画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=CvNgRV3FjRA

アメリカの開催場所から観客から1人選び出し、パリの銀行にワープさせて、金庫にあるお金を全て奪ってくるものでした。

((そんなことできるはずない!))

皆さんもありえないと思っているでしょう。

何が行われているのか曖昧なままにされるのかと思いきや、しっかりと映し出されていくのです。

途中に中継画面から映し出された大金には、期待値が高まります。

そして、その大金はスタジオに降り撒かれました。

銀行強盗のように覆面も被ってなければ、人質もとっていません。

ショーは成功を遂げて終了します。

ただ、過激な演出がFBIを出動させるのです。

可哀想なのは、選ばれた観客1名。

彼は、お金を取りに行くまで警察沙汰になるなんて考えてもいなかったでしょう。

事情聴取を行われますが、この時種明かしは、しておりません。

突如消えた銀行のお金は、証拠を引き出すことができず、捕まらずに済んだのです。

捜査の中では、会話の中で誘導させてFBIの秘密を暴露させるなど、メンタリズムを活用する凄腕もいました。

暗示をかけられるのはパリの銀行と選ばせることも行ったことにすることもできるのです。

この、メンタリズムを活用した点は、マジックに織り交ぜて強烈な効果を馳せて、活用されています。

彼のマジックは、掛けられてしまうと効かない一般客はいないでしょう。

・銀行強盗の種明かし

グランドイリュージョンメインビジュアル
画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=CvNgRV3FjRA

選ばれた銀行は、保険金を払わずして存在する場所であったことから狙われたとされます。

運ばれたお金は、ショーが始まる前に蓄えている場所から運び出してきたのです。

リアルタイムで移動しているように見せる偽、スタジオを作り当選者を偽の銀行へと移して奪わせたように見せたのです。

これを1度目で見破る方は、非常に鋭いです。

解説を観ていてもそんなのがありなのか〜と思いながら観ていました

・2回目:預金残高移し替え

グランドイリュージョンメインビジュアル
画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=CvNgRV3FjRA

ドッキリのようなマジック。今回もやることがド派手なホースメンです。

2度目の開催地はニューオリンズ。

前回の騒動から、一気に人気になり、入場パスもすぐに完売します。

内容は、序盤は簡単なウサギが箱から消えるトリックが行われるなど、いくつかのマジックを前半部分で進められます。

最後にようやく、今回のビッグイベント。

観客の預金残高が増えるマジック。

しかも、出資者である投資家の預金残高を観客の預金残高に振り込まれていくのです。

まさか自分の口座から引き出されるなんて思ってもいなかった出資者は大激怒。

ここから、敵に回してしまいます。

では、他人の預金残高など、どんなマジックを使ったのでしょう?

・2度目の種明かし

グランドイリュージョンメインビジュアル
画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=CvNgRV3FjRA

2度目の種明かしは、開催地への移動中、飛行機の中ではフォースメン達は出資者との会話の途中にメンタリズムを試む会話になります。

ですが、とことん失敗に陥ります。

あえて間違えているのであり投資家は騙されなかったことを誇らしげに、パスワードの質問を聞かれているのとは知らず話し出します。

単なる投資家は大きな態度を取るお金持ちくらいの印象でしたが、急に負けていくのを見て驚きました。

強気な面を逆手にとってしまうとは、彼らとは、日常会話もできませんね。

・出資者が狙われた理由

この出資者は、保険会社の代表であり、ニューオリンズが震災の時に被害者達への保険料を未払いで済ましていました。

その時の未払い分を合理的に支払わせたのですね。

今回の観客には対象となる人々があらかじめ選ばれていたのです。

観客達は大盛況。

ホースメン達は、FBIの突入にも避けて、またしても成功を遂げます。

・3度目のトリック

グランドイリュージョンメインビジュアル
画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=CvNgRV3FjRA

最後となる回は、最も危険度の高いマジックになりました。

捕まるかもしれないと報告の動画で説明しながら最後のショーが開催されます。

ホースメン達を映し出されながらそれを見て追いかけるFBIとのパフォーマンスが繰り広げられ、最後の登場を遂げます。

今回のマジックでも、金庫ごと盗み出すのです。

ただ、お金が出てきそうな場面は見つかりません。

出番を終えて、逃走に移る頃、ようやく近くまで駆けつけたFBIは見つけたその姿に拳銃で発砲します。

すると、フォースメン達の姿は消え、お札が降ってきたのです。

ここでか!

ただ、ホースメンとFBIの追いかけ合いを観て終わるのかと思いきや、今回もちゃんとお金がばら撒かれました。

そのまま捕まらず、逃げ切るその姿に声援が起こりながら今回も成功に終わるのでした。

ですがこの札束、実は偽札だったのです。

本当の盗まれた大量のお金は、マジックの解説を行なっていたサディアスの車の元に届きます。

今回も近くで見にきていたサディアス。

遂にやり返しを受けてしまいました。

もちろん、保有していると窃盗になるので刑務所に入れられてしまいます。

グランドイリュージョンメインビジュアル
画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=CvNgRV3FjRA

・サディアスは、組織ではなかった

元はアイへの入隊希望者で、有名なマジシャンだったのです。

サディアスが選ばれることはなく、謎を解く側に立って稼ぐ方へと動いていきました。

FBIに追われていただけでなく、真相を暴きたかったサディアスにも追求されていたフォー・ホースメン。

相手側が弱まった時に解説へと進む場面には、同時にストーリーも進むので目が離せないですね。

全てのショーを終えて指定の場所に集まった時、今回のキーパーソンであるアイの正体が判明します。

無事に入隊を果たした4名は、シーズン1の幕を閉じます。

3,グランドイリュージョンのみどころ

グランドイリュージョンメインビジュアル
画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=CvNgRV3FjRA

グランドイリュージョンでは、観ている側も騙されまくりの116分に及ぶ映画になります。

そんな、フォー・ホースメン達から目を離せない内容は、見どころ満載です!

フォー・ホースメン達のキャラクター

みんな、自己中心的な動きで本当に彼らが一緒にショーを行えるのか?と疑問にも思いながら見ていましたが、それぞれ個性豊かでとても魅力的でした。

ダニエル・アトラスは、リーダー的役割で、進行役でもあるイケメンマジシャン。

性格は、仕切りたがりで、少し説明が長い様子が伺えます。

もう1人のヘンリー・リーブスは、ダニエル・アトラスと元恋人関係でもあった顔見知り。

ですが、それぞれ知っている部分が多いことから、言いたい放題。

元恋人がチームにいるのも複雑な環境ですね。

華のあるヘンリー・リーブスの立場は、ショーガールとして会場を盛り上げます。

そして、メンタリストを巧みに操れるメリット・マッキニー。

強烈な催眠術やマインドコントロールをかけれるが、日常会話では空気が読めない。

ダニエル・アトラスの怒りを買うような返答が多く見られ、そこが面白さでもあります。

ちゃらけているだけなのか、人の本性をさらけやすくするための演出なのかは分からないですね。

真面目な時は、とても冷静なんですよ。

最年少のジャック・ワイルダーは、彼の手にかかれば開かない鍵はありません。

その作業の早い姿は手つきの良いマジシャンの特有なのでしょうか。

3人のマジックを支える助手であり、縁の下の力持ちにあたります。

選ばれた時の彼のカードの中には唯一、死神が書かれていました。

体を張った彼の活躍は、応援したくなります。

特徴を掴みやすいメインキャラクター達なのでスムーズに人物を読み取ることができますね。

なぜ強盗を試みるイリュージョンなのか

この事については、考察を行える見どころのひとつですね。

3回に分けて行われるショーは全て大金を盗みだす内容になっています。

マジシャンである彼らにかかれば強盗だってお手の物かもしれませんが、選ばれる銀行の本当の理由とは何なのか。

是非、考えて見てください!

取り調べでのトリック

途中、フォー・ホースメンらはFBIに捕まってしまいます。

各メンバーが、部屋で取り調べを受けているのが見どころなんです。

イケメンマジシャン、アトラスの取り調べの場合、証明できない彼の証言に捜査官もしびれを切らします。

すると、その捜査官の手首に手錠が一瞬で移り変わります。

いつの間にか外されていた手錠に、取られていた手錠の鍵。

後からカメラをチェックしてみると、会話の中で抜き取られていてちゃっかり監視

カメラに向かってウィンクまで決めています。

こちらは、見事なかわし方が見ていて気持ちが良かったです。

4,グランドイリュージョンをオススメしたい人

グランドイリュージョンメインビジュアル
画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=CvNgRV3FjRA

グランドイリュージョンは、その人気からシーズン2までが公開されています。

映画の中でもストーリーは最後まで気になることだらけでマジック以外でも沢山の騙されるポイントがあり、見どころが満載です。

最後に、今回のおすすめしたい人をご紹介します。

メンタリズムに興味がある人

グランドイリュージョンでは、催眠術や人の心を動かして成り立つシーンがいくつかあります。

ズバッと言い当てる姿を観る内に思わず、「人の心を読み取りたい」「自分にもできそう!」と挑戦してみたくなりますよ。

ショーが好きな人

やられた!と思えたことが多いので、映画の中でもまるで

本当のショーを観に行っているような演出を味わえます。

派手な演出で実際に起こることはないのですが、ここでしか観れませんよね。

そんな世界感を体験してみたい人へ特におすすめです!

ぜひ、気になった方は観てみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です