【ネタバレあり】映画 ぼくは明日、昨日のきみとデートするの見どころを解説!

ぼく明日アイキャッチ画像

エンタメブリッジライターのErioです。

今回は、2016年に公開され、時間軸が話題になった「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」についてのあらすじと、この映画の見どころについて解説していきたいと思います。

では、早速始めていきましょう!

1.「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」作品紹介

公開日: 2016年12月17日 (日本)
監督:三木孝浩
原作: 七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
出演者:福士蒼汰(南山高寿)、小松菜奈 (福寿愛美)、 東出昌大 (上山正一)、山田裕貴 (林)、大鷹明良 (高寿の父)、宮崎美子(高寿の母)

2.ぼくは明日、昨日のきみとデートするのあらすじを紹介!

ぼく明日画像
(画像出典:https://natalie.mu/eiga/pp/bokuasu-movie/page/3)

続いては、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のあらすじをお伝えしたいと思います。
ネタバレなしとネタバレありに分かれています。
結末を知りたくない方は、「ネタバレなし」をご覧下さい。

ぼくは明日、昨日のきみとデートするのあらすじ(ネタバレなし)

京都の美大に通う南山高寿(福士蒼汰)は、メガネをかけた冴えない男子学生。

恋愛とは無縁に過ごしてきましたが、通学電車で女性・福寿愛美(小松菜奈)に一目惚れをします。

彼女に運命的なものを感じた高寿は、電車を降りて声をかけ、素直に「一目惚れをした」と告げました。

まんざらでもない表情の愛美に嬉しくなる高寿でしたが、彼女は携帯電話を持っていません。

思わず「また、会える?」と聞いた高寿に、愛美はなぜか、涙を流してしまうのでした。

愛美はなぜ涙を流したのか?

奇妙なタイトルの意味は?

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は、福士蒼汰と小松菜奈という今をときめく2人が演じる、爽やかでちょっと切ない恋愛映画です。

ぼくは明日、昨日のきみとデートするのあらすじ(ネタバレあり)

ぼく明日小見出し画像
(画像出典:http://www.pretty-online.jp/news/10912)

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は、20歳の男女の恋愛を描きます。

ヒロインの愛美には謎があり、徐々に謎が明らかになっていくようになっています。

南山高寿は京都の美大に通う学生、福寿愛美は美容学校に通っています。

電車の中で一目惚れをした高寿は、愛美に声をかけました。

「また、会えるかな?」と聞かれて涙する愛美の態度に、不思議なものを感じる高寿でしたが、2人は付き合うことになります。

メガネをかけて服装にも気を使えず、どこか野暮ったい高寿ですが、愛美に出会ったことでぐんぐん男らしくなっていきました。

傍からもお似合いのカップルになった高寿・愛美は、毎日のように会ってお互いの距離を縮め、ついに結ばれました。

しかし高寿は、その日の夜に愛美から衝撃的な事実を聞かされます。

愛美はパラレルワールドの住人で、高寿とは逆の時間軸を生きているというのです!

高寿にとっての過去は、愛美にとっての未来です。

しかも2人は5年に1回、満月の満ち欠けの30日間しか会うことができません

2人の別れの日は、刻一刻と迫ってくるのでした。

3.ぼくは明日、昨日のきみとデートするの見どころ

ぼくは明日画像
(画像出典:http://www.pretty-online.jp/news/10912)

続いては「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の見どころについてお話したいと思います。

福士蒼汰がかっこいい!小松菜奈がかわいい!

ぼく明日画像
(画像出典:https://cinema.ne.jp/recommend/bokuasu2016120506/)

南山高寿を演じるのは福士蒼汰で、ヒロインの福寿愛美を演じるのは小松菜奈です。

福士蒼汰は183センチと高身長のイケメン俳優です。

「仮面ライダーフォーゼ」でブレイクしましたが、現在は恋愛やバイオレンス映画まで幅広く活躍していますね。

「僕は明日、昨日のきみとデートする」で主演した時は23歳。

見るからにダサい男子学生を演じていましたが、ダサい見た目なのにかっこよく見えました。

福士のイケメンオーラは隠し切れないのだと思います。

でも、と愛美の真実を知った後の虚ろな表情は哀切感たっぷりで、さすが多くの映画・ドラマで主演を張ってきただけのことはあると感じました。

対する小松菜奈はモデルのような顔立ちとスタイルで人気の女優です。

「溺れるナイフ」で映画初主演を飾った他、「沈黙」という映画でハリウッドデビューを果たしています。

「僕は明日、昨日のきみとデートする」の小松菜奈はとにかくかわいく、華やかさもあって、見ているだけで癒されますね

本人は映画の中で「癒し系じゃないよ」という台詞を言っていますが、見ている方としては小松のかわいさにやられっぱなしで、ついつい癒されてしまうと思います。

2人の初々しさが心地良い

ぼく明日画像
(画像出典:https://cinema.ne.jp/recommend/bokuasu2016120506/)

南山高寿と福寿愛美は20歳ですが恋愛経験に乏しく、最初はお互いに「福寿さん」「南山くん」と苗字で呼び合います。

徐々に名前で「高寿くん」「愛美ちゃん」と呼び合うようになり、最後は呼び捨てになります。

呼び方がだんだん変わっていくのは2人の恋愛関係の深さを象徴していますね。

「愛美ちゃん」と呼んでいた高寿が自覚なく「愛美」と呼び捨てして、呼ばれた愛美の表情は、なんとも言えず幸せそうな表情でした。

2人は手をつなぐにも時間がかかりますし、キスもなかなかしません。

2人が心身共に愛し合うようになるのも呼び捨ての後なんですよね。

この初々しい関係は爽やかで心地良く、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の見どころの1つになっています。

2人が恋愛に慣れていたなら、早々に呼び方も変わるでしょうし、キスも愛し合うのも直ぐに行ってしまうでしょう。

2人が恋愛に慣れていないからこそ成立する初々しさは必見です。

もう2度と会えない人との恋

ぼく明日画像
(画像出典:https://natalie.mu/eiga/pp/bokuasu-movie/page/4)

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の高寿と愛美の時間軸は逆に流れます。

愛美はパラレルワールドの住人です。

20歳の年だけ同じ年齢で、以降、5歳ずつ離れていきます。

いつも会えるのではなくて、5年に1回、満月の満ち欠けの30日間だけしか会えません!

高寿が5年後の25歳に出会う愛美は15歳で、もはや年齢的に恋愛は難しそうです。

ですので、20歳の30日間だけが2人が唯一、恋愛できる時間なんですね。

その事実を知った高寿が愛美との時間を愛おしく思い、もう2度と会えない人と恋するようになっていくところは、この映画の見どころの1つです。

現実的にパラレルワールドは存在しませんが、短い時間しか恋愛できないというのは何かを象徴しているような感じがしますよね。

病弱であとわずかしか生きられない人と恋をしていたら、高寿や愛美のような切ない気持ちになるかもしれません。

この映画の2人は、初めての恋がもう2度と会えない人との恋愛でした。

高寿が愛美がパラレルワールドに生きていて、時間をさかのぼっていると聞いてからの虚ろな表情はかわいそうでしたが、それを乗り越えて、訪れる別れの前にせいいっぱい愛し合う姿は感動的です

時間を共有できない切なさ

ぼく明日画像
(画像出典:https://cinema.ne.jp/recommend/bokuasu2016120506/)

高寿と愛美は、時間を共有できません

唯一できるのはデートしている1日間だけですが、その日が過ぎると愛美は昨日のことを忘れてしまいます。

愛美にとって高寿の過去は未来なので、実質は、忘れたというよりは体験していないことなのですが、高寿にとってはそれがもどかしく感じられるようですね。

愛美もそれを分かっているので、高寿に「一目惚れしました」と告白された時に涙してしまったのですが、時間を共有できないことの切なさは、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の大きな見どころとなっています。

高寿は、愛美から「高寿と愛美の時間軸が逆だ」ということを聞かされてから、自分が彼女と同じ時間を共有していないことを実感し始めます。

どんなに楽しい時を過ごしても、愛美は自分との時間を共有していないのですから切ないですよね!

恋愛している時に楽しいのは、「デートしたレストランで楽しいひと時を過ごした」とか「デートした場所でケンカした」とか、時間を共有している以上、どんなことでも楽しく思い返されるところじゃないでしょうか?

それがたとえ、悲しい出来事であっても、恋し合っている今があれば楽しい出来事として思い出されると思います。

でも、恋人との時間を共有できていないとしたら、楽しい食事もケンカも、お互いに何の経験も共有していないです。

もっといえば、本当に恋人は自分のことが好きなんだろうか?と思ってしまうかもしれませんよね。

愛美は常にメモ帳を持っています。

これは、30日後、高寿が愛美に、これから始まる2人の関係を1日ずつ教えたものをメモしたものです。

これがあるから愛美は高寿との時間を共有しているフリができます。

実際には、愛美は何も知らずメモ帳に従って行動しているだけなので、高寿は切ない気持ちになります。

食事したこともケンカしたことも彼女は何も覚えていないと思ってしまいます。

でも、次第に、これから高寿の過去をさかのぼる愛美の方がもっと悲しいことに気づき、彼女を心から愛せるようになりました

時間を共有できないことは確かに切ないですし、高寿のように不安に思ったり切なく思ってしまったりしますが、最後はお互いに理解し合うようになっていきます。

愛美は全てを分かっているように描かれていますが、高寿は何も知らないところから徐々に愛美のことを理解するようになっていくプロセスからは、高寿の成長を見るような印象も受けます。

4.ぼくは明日、昨日のきみとデートするはこんな人におすすめ

ぼく明日画像小見出し4
(画像出典:http://www.pretty-online.jp/news/10912)

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は20歳の男女の恋を描いているので、若い人におすすめです。

それ以外にも特にこんな人に見て頂きたいというおすすめを紹介します。

恋に疲れたけれどもう1回新たな恋をしたい人

辛い恋愛の経験があり、「恋愛はこりごり!だけどもう1回新たな恋をしてみたいな」という人にとって、この映画はおすすめです。

辛い恋をするといつまでもひきずってしまって、新たな恋をしてもまた似たような結末になってしまうことってありますよね。

でも、もう1回、新鮮な気持ちで恋をしたいとか、今までとは違った恋をしたいという思いがある人には、高寿と愛美がぎこちない関係から徐々に愛をはぐくんでいくプロセスがなつかしく思い出されるのではないでしょうか。

いくつになっても恋愛はしたいものだと思います。

恋愛はいつも楽しいことばかりではないですよね。

もう1回、新たな恋をしても良いかなと思う人にとっては、高寿と愛美の短いけれども爽やかな恋を見て、楽しんで頂けると感じます。

恋愛で辛い別れをした経験がある人

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」には辛い別れが待っています。

20歳の時に30日間を過ごしたら、高寿が次に会う時、愛美は15歳です。

20歳のこの時を逃したら、もう2度と恋愛はできないのですから一瞬一瞬を大切にしないといけませんでした。

でも、高寿みたいにこの時間が大事なんだとか、愛美を思いやることが大切だとか、そういったことに気づけないままに恋を終わってしまった人もいるといるのではないでしょうか?

あの時こうすれば良かったとか、ああするべきだったと後悔して、辛い別れになった人にとってこの映画は、自分の恋を追体験するような気持ちになれると思います。

辛い別れをもう経験しないためにも、リアルの恋愛では、高寿のように相手のことを思えるようになると良いですね。

ライトなファンタジーが好きな人

「僕は明日、昨日のきみとデートする」は、ライトなファンタジーが好きな人にもおすすめしたい映画です。

設定が凝っていないとダメな人にはものたりなく感じることもあると思いますが、基本は恋愛映画でライトなファンタジー設定がある映画が好きな人にはおすすめできると思います。

時間軸が逆になるというファンタジー要素があるおかげで、高寿と愛美の切ない恋愛が際立ってきますよね。

あまりリアリティがあり過ぎると重くなってしまいますし、軽めのファンタジー要素があるために、「僕は明日、昨日のきみとデートする」を見て爽やかな感動が湧き起こってくるのだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です