最新ドラえもん映画「ドラえもんのび太の月面探査記」あらすじレビュー!【ネタバレあり】

ドラえもん のび太の月面探査機 フライヤー

こんにちは!エンタメブリッジライターのしおりです。

今回は、春の風物詩のドラえもん映画2019年「ドラえもん のび太の月面探査記」についてのあらすじと見どころをご紹介します。

前年「宝島大冒険」はドラえもん映画史上最高動員数を記録をしたため、今作がどのような作品になるのか気になるところですよね!

脚本も「君の名は。」のプロデューサー川村元気さんから、直木賞作家で2児の母である辻村深月さんへバトンタッチ。

ちなみに私も子供と鑑賞しました。

子供と大人の視点の違いもぜひ解説していきたいと思います。

それでは早速みていきましょう!

1.「ドラえもん のび太の月面探査記」作品紹介

公開日: 2019年3月1日 (日本)
監督: 八鍬新之助
原作者: 藤子.F.不二雄
脚本:辻村深月
出演者(ゲスト):広瀬アリス、柳楽優弥、中岡創一(ロッチ)、高橋茂雄(サバンナ)。
主題歌:平井大「THE GIFT」

2.「ドラえもん のび太の月面探査記」のあらすじ

ドラえもん ルカ
画像出典:https://doraeiga.com/2019/

続いては、「ドラえもん のび太の月面探査記」のあらすじをご紹介します。

「ドラえもん のび太の月面探査記」のあらすじ(ネタバレなし)

ある秋の日、ニュースで月面探査機による月の表面の映像が流れ、「白い影」が映りこんだことから、大騒ぎとなります。

「正体は月のウサギだ!」

と言い張るのび太はクラスで笑い物になります。

悔しがるのび太のために、ドラえもんは「異説クラブメンバーズバッジ」という道具を出します。

これは、バッジを付けている人が仲間となり、自分たちの信じる世界を見られるひみつ道具(天動説と地動説がひっくり返るなど)。

そこで「月の裏には空気があって、生き物が住める!」という異説を想像し、バッジをつけてのび太とドラえもんは「どこでもドア」で月へ行きます。

月の裏側で、「ピッカリゴケ」や「動物ねんど」を使ってウサギの王国を作ったのび太とドラえもん。

そこに住まわせたウサギたちのことを、「ムービット」と名付けます。

一方地球ではのび太のクラスに、転校生「ルカ」という少年がやってきます。

ミステリアスな雰囲気が漂うルカの正体とは?

また、ドラえもんとのび太が作った「異説クラブメンバーズバッジ」によるウサギ王国の未来は…。

ドラえもんが壮大なSFファンタジーの世界へ飛び出します!

「ドラえもん のび太の月面探査記」のあらすじ(ネタバレあり)

ドラえもん 月
画像出典:https://doraeiga.com/2019/

ある秋の日、月面探査機が映す映像に白い影が映りこんだことを、のび太は「ウサギだ」と信じます。

学校でもこのニュースは大騒ぎになりましたが、のび太の「ウサギ説」は一蹴されてしまいます。

悔しがるのび太を助けるため、ドラえもんは「異説クラブメンバーズバッジ」という道具で「月にウサギがいるという異説を定説」にして、月の裏にウサギ王国を作ります。

そんな時、のび太のクラスにミステリアスな少年「ルカ」が転校してきます。

ある日、スネ夫、ジャイアン、しずかちゃんを連れウサギ王国を訪れたとき、のび太だけ迷子になってほら穴に落ちてしまいます。

そのとき、のび太の前にいたのはあの転校生ルカでした。

ルカの正体は、ここから40光年先の「カグヤ星」という星の出身で、天才生物学者ゴダール博士夫妻によって作られたエーテルという超能力を持つ「エスパル」という種族だったのです。

しかし、カグヤ星の権力争いにより、軍部は破壊兵器を造り、ルカたちエスパルたちの力を悪用しようとしました。

そして、親のように慕っていたゴダール博士夫妻に、カグヤ星から逃亡するように言われ、ルカ、姉のルナ、弟のアルたち11人のエスパルは、命を狙われないために月の裏側で1000年もひっそりと暮らしていたのでした。

エスパルは外見は子供のままですが、寿命はなく永遠に生き続ける人工知能です。

一方、カグヤ星の悪の支配者ディアボロは、さらなる強大な力を得るためエスパルの力を欲しており、手下のゴダートらに命令してエスパルを宇宙中探し回ります。

そしてとうとう、ゴダートに居場所を見つけられたルカたちはカグヤ星に連れ戻され、ディアボロに捉えられ超能力を吸い取られ殺される寸前になります。

のび太たちは宇宙船に集合し、ルカたちを助けるため、命懸けで救出に行きます。

しかし、40光年先のカグヤ星に広がっていたのは、戦時中のようなあばら家に貧しい人々のいる光景…。

そしてディアボロの正体もまた、エスパルと同じように作られた人工知能だったのです。

最初は自分の力を強大にするためにエスパルを探していたディアボロですが、エスパルを探しているうちに地球の存在を知り、地球征服に目的を変更します。

地球のため、エスパルのため、カグヤ星の人々のため一丸となって戦うのび太たち。

そして、あのディアボロの子分と思われていたゴダートが、実は1000年前ルカたちを造った博士の子孫だと判明します。

このときルカの弟で、予言能力のあるアルから1つの予言の言葉が漏れてきます。

「千の時を経て、友と一緒に舞い戻らん。千のウサギが降り注ぎ、光の大地を取り戻さん」

その頃、月ではのび太似のウサギ「ノビット」が定説バッジを発明します

定説バッジとは、異説バッジとあべこで、「異説を標準とし、その中に定説を入り込ませる」というバッジです。

これにより、本来異説バッジを付けている人にしか見えなかったムービットたちが、現実に存在するようになり、カグヤ星に大挙して押し寄せ戦闘を手助けします。

1000匹ほどのムービットの大群が、カグヤ星に救出にきたその姿が、まさに予言の意味だったのです。

のび太たちは無事ディアボロを倒し、エスパルは月へ戻りますが、月に帰ったルカたちは1つの決断をします。

それはカグヤ星にあった異説、「エスパルは伝説上の生き物で、本当はただの人間」という異説を、異説バッジで定説にしてしまおうという決断です。

これはルカたちが永遠に生きることをやめ、人間のように「有限の命」になることの決意です。

そして、異説バッジをルカたち11人のエスパルに手渡したのび太たちは、月の世界に別れを告げ、この物語は終わります。

3.「ドラえもん のび太の月面探査記」の見どころ

ドラえもん ウサギ王国
画像出典:https://doraeiga.com/2019/

続いては「ドラえもん のび太の月面探査記」の見どころを解説していきます。

辻村深月の「月×異説バッジ」

今作は若き女性作家、辻村深月さんが脚本を書き下ろしたことで注目を浴びています。

辻村深月さんと言えば、記憶に新しいのが2018年本屋大賞受賞作の「かがみの孤城」

「かがみの孤城」は、なんらかの事情で学校に行けない7人の中学生の物語で、部屋にある鏡の向こうにファンタジー世界が広がる話です。

辻村さんの少年少女のみずみずしい感性を書き上げる文体にはデビュー当初から定評があります。

また、幼少期から愛読書はドラえもんで、章タイトルをすべてドラえもんの道具にした「凍りのくじら」を発表されているほど、大のドラえもんファンの辻村さん。

毎度、「身近なところに大冒険が潜んでいる!」というワクワク感を与えてくれるドラえもん映画は、そんな辻村さんにはピッタリだったかもしれません。

しかし、地底、海底、雲の上、宇宙とすでにあらゆる場所を冒険しつくしてきたドラえもん映画。

「もう冒険する場所がないよ!」と思わせていた私たちに、今回の冒険場所を「月の裏」に設定したところは「おっ!」と捕まれますね

そこに、コミック23巻で出てくる道具「異説クラブメンバーズバッジ」が出てきて、辻村深月さんは化学反応が起きたように脚本を書き始めたそうです。

今作は前作の宝島大冒険とかなりテイストが異なり、月の裏を舞台に、辻村深月さんらしい壮大でファンタジックな仕上がりとなっています。

辻村深月さんは、ある雑誌のインタビューで

20代の頃は「現実に対して物語って無力だな」と感じることもあったのですが、(中略)「物語の力って決して小さいものではない」とはっきり感じられるようになりました。

と語っておられます。

異説や定説バッジを使い、現実をより良いものにしようとする今回の映画は、辻村さんの伝えたい「物語の力」がたっぷりと表現されているように思います。

幼い子には内容が理解するのが難しいところもあるので、登場人物とパワーの名前くらいは予習していった方がわかりやすいかと思います!

和テイストなタッチ

ドラえもん ルナ
画像出典:https://doraeiga.com/2019/

今作は、全体的に和テイストでまとめられています。

日本人は月という存在に太古の昔から格別な思いを寄せていますよね。

暦も月を中心としていましたし、和歌にも詠んでいたものです。

今回の月面探査記は、キャラや背景、ビジュアル面でもそんな日本的なスピリットが反映されています。

まず月のクレーターが「ウサギに見える」ところからして日本的(欧米では婦人の顔と見たり、カニと見たりします)。

のび太の作ったウサギ王国も、竹林が生い茂る古き良き日本の光景になり、ルカの姉ルナもかぐや姫のような容姿。

ストーリーでも、1000年前カグヤ星を追い出されたルカたちは1度地球に来てから、文明のない月へ行ったという設定です。

1000年前と言えば日本の平安時代で、かぐや姫が主人公の「竹取物語」が成立した時代。

「かぐや姫はルカたちだったのでは!?」と勘ぐらせます。

また、カグヤ星の大ボス・ディアボロの周りにいる兵士たちも、白装束に黒の烏帽子と頭巾で「千と千尋」に出てきそうな敵。

こうした「和」のビジュアルや日本的な設定にはかなり工夫が凝らされていますね。

ルカと発明者の親子愛、人工知能ゆえの葛藤

ドラえもん エスパル
画像出典:https://doraeiga.com/2019/

本作のメインキャラクター「ルカ」。

予告編では友情が強調されていますが、これは子供の興味を引くためかな?と思うところがあります。

今作はこれまでと比べて色んな要素が詰め込みすぎている感じもなくはなく…、個人的には友情よりもむしろ人工知能ルカと創造者の博士との関係のほうが際立っているように思います。

映画だけではわかりづらいかもしれませんが、ルカは皮肉な運命に悩まされる人工知能ロボットであることを少し説明します。

まず、ルカは1010年前にカグヤ星という星の天才生物学者「ゴダール博士」夫妻によって発明されました。

ルカたちは「エーテル」という超能力を持った永遠の命を持つロボット体です。

ゴダール博士はルカやルナをまるで本当の子供のように扱いお父さん、お母さん」と呼ばせて愛情深く育てます。

ルカ自身も、ゴダール博士夫妻だけは自分たちを「生きた者」として扱ってくれることに喜びを感じ育ちます。

しかし、「人格を持った者の業(カルマ)」のようなものはカグヤ星にもあり、カグヤ星の軍部はルカたちの超能力を悪用して、破壊兵器につなげようとします。

今の地球で起きている核開発なんかと同じようなことですね。

そのため、生みの親のゴダール博士夫妻は学者としての良心に苦しみます。

最終的にゴダール夫妻は10歳のルカたちを

「逃げなさい!」

「・・・普通の子供のように生きられるようにしてあげたかった」

とまるで追い払うように、星から無理やり逃がしたのです。

そのことをルカは

「僕は親に嫌われて捨てられた、所詮研究の対象だった」

と根深く傷ついており、人工知能なので忘却することもできず、永遠ともいえる1000年の時間の中で悩み続けます。

ルカが転校生として地球に来たのは、「自分たちの存在を、文明の進んだ地球という星に、もう知らしめて良いのでは?」という理由からなのですが、

「のび太ー、おやつよー!」

といった何気ない親子のひとコマを不自然に、かつうらやましく思います。

そして後半、ルカは自分を追ってきたディアボロの手先ゴダートが、ゴダール博士夫妻の子孫だと知り、顔も親に似ているので嬉しく思います。

ルカを決定的に救ったのは、ゴダートが先祖代々手渡されてきたという「小さな玉」でした。

千の時を経て、友と一緒に舞い戻らん。千のウサギが降り注ぎ、光の大地を取り戻さん

1000年前から伝わるこの予言にもあるように、ディアボロを倒した後、この玉はルカの持つエーテルだけの力と反応を起こし、その反応でカグヤ星の大地に「ピッカリゴケ」のような光をどんどん広がらせます。

ルカの生みの親の博士は、いつか必ずルカたちが帰ると信じ、エーテルの力と反応する玉を発明して準備しており、子孫に託していたのです。

お父さんとお母さんは、自分が帰るのを待って準備していてくれたんだ…

捨てられたわけじゃなかったんだ…

とルカは生みの親の思いを理解し、涙します。

ルカは1000年も生きつつ、残酷なほどに生きる意味がなかったのです。

ただ、残りの仲間のエスパル10人がいたから生きていただけであり、死ぬことも老いることも家族を迎えることもなく、隣でどんどん発展していく地球をうらやましく眺めていたのです。

超能力集団エスパルの存在は、現在のカグヤ星では

「エスパルなんて伝説、ただの人間」

と噂されるほど、信ぴょう性は薄れていました。

生みの親の愛情を確認したルカは、「エスパルなんてただの人間」という異説を、ドラえもんの異説バッジで定説にします。

そして、月での1000年の孤独に終止符を打ち、博士の望んだ「普通の子」になって、いずれ死を迎える人生を選択します。

このラストは泣けますね。

子供はココ!想像力の光と闇

ドラえもん ディアボロ
画像出典:https://doraeiga.com/2019/

今作の指揮をとった八鍬監督は

この映画のテーマの1つは「想像力」の大切さ。

とインタビューで答えられている通り、「想像」というキーワードをいたるところにちりばめています。

映画の中で監督が子供たちに訴えたかったのは、ここではないかと思います。

まず、「月にはウサギがいる」というのび太のロマンあふれる「想像力」から物語は展開します。

後半は「『想像力』によって造られた人工知能の善悪対決」に発展します。

想像力を働かせなかったら、人生は退屈でつまらないものになってしまいますよね…。

ただし、想像力はいいことにも悪いことにも繋がります。

最後のディアボロ VS エスパルたちの戦いがそうですね。

悪のシンボル・ディアボロは、カグヤ星の軍部の「想像力」により作られたもので、のちにディアボロ自身も自律的な「想像力」を持って、自ら破壊的な暴君になろうとします。

善のシンボル・エスパルたちは、星の発展に貢献したいゴダール博士夫妻の「想像力」により作られ、のちにエスパル自身も自律的な「想像力」を持って、星や地球の平和を守ろうとします。

ここでもう1つ忘れちゃいけないのは、「想像力」によって造られた我らがスター、人工知能「ドラえもん」です。

ドラえもんもまた22世紀の人の「想像力」によって作られ、自律的・人格的な意思をもって、その力を悪用することなく毎日せっせとのび太を助けています。

ドラえもんがディアボロに放った決めゼリフは、本作の最骨頂と言えるのではないでしょうか?

想像力は未来だ!

人への思いやりだ!

それをあきらめたときに、破壊が生まれるんだ!

これは「想像力」によって作られた「被造物当事者」であるドラえもんの、被造物から被造物への正義感あふれる強烈な一言。

「想像力を豊かに持つことの大切さ」と「想像力は光にも闇にもなる」ということ…これこそ子供たちに訴えたい今作の大テーマでしょう!

子供向けにわかりやすく言うと、

「いつでも想像することをやめないでね。想像力はいいほうにも悪いほうにも使えるけど、いいほうに使ってね。」

という監督のメッセージだと思いましたね。

4.「ドラえもん のび太の月面探査記」をオススメしたい人

ドラえもん 宇宙船
画像出典:https://doraeiga.com/2019/

「ドラえもん のび太の月面探査記」は、次のような方にオススメです。

現実に疲れた大人

まず、現実に疲れた大人にはオススメです。

「宝島大冒険」はワンシーンワンシーンが丁寧に描かれたヒューマンドラマ仕立てですが、今作は壮大なSFアクション。

シーンごとの切り替えも速く、かなりスリリングな仕上がりです。

そして、満天の星空や月の絵の美しさや、時空を超えた大冒険は、ストレスいっぱいの日常を忘れて非現実の世界へ連れていってくれるでしょう。

オールドファンにとって宇宙探検は1985年「ドラえもん のび太の宇宙小戦争」を想起させますし、しずかちゃんと愛犬チロとの絆や、のび太が作った粘土の怪獣ウサギなど、過去のコミックで出てきている話も随所に出てきます。

「懐かしいなぁ」と子供時代を思い起こす場面がたくさんあります。

平井大さんの主題歌「THE GIFT」も見事にマッチしていて、エンドロールには藤子先生による原画が出てくるのでノスタルジックな気分になります。

ワクワクしたい子供

ワクワクしたい子供にももちろんオススメです!

「宝島大冒険」では、友達を守るなど犠牲的な愛も強調され、ドラえもんが死んだ!?と思うシーンでは涙する子供もいたと思います。

今作は「涙」よりも「スリル」と「笑い」があったように思います。

まず子供たちが身を乗り出して観ていたのは、ルカが帽子をとってウサギみたいな耳が現れた超意外性のあるシーン!(実はこれ耳ではなく、エーテルを使うセンサーなのですが…)

そして映画館全体に大爆笑が起きたのが、「エスパーぼうし」が上手く使えずフルチンになったのび太のシーンですね…。

異説や想像の世界観は難しいですが、ストーリー自体は勧善懲悪ですので、ほぼ全員がアンパンマンを見て育つ現代の子供にはわかりやすいでしょう。

ただし、最後の戦闘シーンはずっとバンバンの轟音が続きますので、怖がる(?)お子様連れの退室も多かったような…。

小さなお子様には、それなりに心積もりをしていくことをオススメします!

 

1 COMMENT

CL

ルカたちエスパルは機械ではありません。人工知能ロボットでもありません。人工生命体であり11人だけの種族であるということが劇中で語られています。
もしルカたちが人工知能のロボットならばゴタートの「【こんなもの(機械)】に1000年も支配されていたのか…」というような心ないセリフはあり得ないと思います。ゴタートはルカたちの前でそんな酷いセリフを言う訳がありませんし脚本家、スタッフは映画を観ている子どもの前でルカたちを偏見するようはセリフを作るはずがありません。
この物語に登場する人工知能ロボットはディアボロだけです。
そしてゴダール博士は発明家ではありません。生物学者です。
間違えていらっしゃるようなのでコメントさせていただきました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です