ジョニーデップが愛したチャーリーとチョコレート工場の原作、あらすじは?小人の歌が夢に出そう…

チャーリーとチョコレート工場チラシ

どうも!エンタメブリッジのゴリラ対タイヤキです。へんな名前ですいません。

今回は、まるで(観るテーマパーク)。ファンタジーで楽しい映画、「チャーリーとチョコレート工場」の解説をしていきます。

この映画の原作は1964年の児童小説「チョコレート工場の秘密」で、1971年に1度映画化されています。

当時のタイトルは「夢のチョコレート工場」でした。

今作は2度目の映画化で、ティム・バートンとジョニー・デップの鉄板コンビによる作品です。

上映後にもコラボ商品として劇中に登場するものと全く同じチョコレートを発売するなど、かなり長い間話題となりました。

またつい昨年の2018年、ワーナー・ブラザースが今作の前日譚にあたる映画を制作する予定だと発表しました。

今作で登場するエキセントリックすぎるキャラを持つ工場主ウィリー・ウォンカや、不思議なチョコレート工場が誕生した経緯が語られるとの事。

またチョコレート熱の再燃の予感がします。

1.「チャーリーとチョコレート工場」の作品紹介

公開日:2005年9月10日 (日本)
監督: ティム・バートン(Tim Burton)
原作者:ロアルド・ダール(John August)
出演者:ジョニー・デップ(Johnny Depp)、フレディ・ハイモア(”Freddie” Highmore)、ディープ・ロイ(Deep Roy)、ジュリア・ウィンター(Julia Winter)、ジョーダン・フライ(Jordan Paul Fry) など。
製作総指揮:パトリック・マコーミック、フェリシティー・ダール。マイケル・シーゲル、グレアム・パーク、ブルース・バーマン。

2.「チャーリーとチョコレート工場」のあらすじ


画像出典:http://www.warnerbros.co.uk

それでは、あらすじをご紹介していきます。

(ネタバレなし)では公式サイトやトレーラー動画で紹介されている部分まで、(ネタバレあり)ではラストシーンのちょっと手前までをご紹介します。

「チャーリーとチョコレート工場」のあらすじ(ネタバレなし)

イギリスの小さな町。

この町には「ウォンカ」という不思議な工場がある。

他の工場の50倍大きい世界最大のチョコレート工場で、毎日大量のチョコレートを全世界に出荷している。

しかし、働いている人の姿を、誰も見た事がない。

世界中の子供達がこの工場で作られたチョコレート「ウォンカ めちゃうまチョコ」を食べているのだが、いったいどうやって作られているのか、さっぱりわからないのだ。

工場の門は固く閉ざされ、中に入った者は誰一人いない。

そのウォンカがある日、突然世界中に発表した。

世界中の皆さん。ウィリーウォンカは、今年5人の子供たちを工場に招待します。
その中の1人には特別賞を用意。あっと驚く豪華な商品です。
金のチケットは板チョコの包み紙の下に隠されています。
チケット入りのチョコは、世界中の町のどこかの店にあります。

この発表を見た世界中の子供達がチョコを買いあさった。

1つめのチケットを手にしたのは、毎日大量のチョコを食べている太った男の子。

2つめは、実業家の父に頼んで何十万枚のチョコを買い占めた女の子。

3つめは、どんな賞でも取らないと気が済まない女の子。同じガムを3ヶ月噛み続けて記録更新したこの子は、チケットを手に入れるためにガムからチョコに切り替えて当選した。

4つめは、毎日ゲームに明け暮れるハイテクな男の子。気候と株価の動きからチケット入りのチョコのありかを特定し、たった1枚買っただけでチケットを手に入れた。

残るチケットは1枚。

チャーリー少年は、毎日テレビや新聞で、チケットを手に入れる子供達の様子を見ていた。

彼はこのチョコの大ファンで、家で工場の模型を作って楽しんでいるほど。

しかし彼の家は貧しく、チョコを食べられるのは年に1度の誕生日だけだった。

今年の誕生日のチョコを開けてみたけど、チケットは入っていなかった。

次の日、彼のおじいちゃんはこっそりと財布を開ける。

このお金はわしのへそくりだ。わしと君だけの秘密だよ。これでチョコを買っておいで。

チャーリーは残り1つのチケットを手に入れる事が出来るのだろうか…。

「チャーリーとチョコレート工場」のあらすじ(ネタバレあり)

(ネタバレなし)からの続きです。

チャーリーは結局、おじいちゃんからもらったお金で買ったチョコでもチケットを手に入れられませんでした。

けどある日、道に落ちていたお金を拾って買ったチョコで、見事にチケットを手に入れます。

世界中から5人の子供と、その親が工場に集まりました。

子供達はウィリー・ウォンカに案内されて工場の中に入っていきます。

しかし道中は子供達にとって誘惑でいっぱい。

ダメって言われてるのに食べ過ぎてチョコレートの川に落ちてしまったり、リスを捕まえて自分のものにしようとしてゴミ捨て場に落ちてしまったり。

1人ずつ脱落して姿を消していきます。

最後に残ったのはチャーリー少年とそのおじいちゃん。

おめでとう!君が勝者だよ。さあ、特別賞をあげよう

彼の言う特別賞とは、このチョコレート工場そのものの事でした。

しかし、チャーリーがこの工場をもらうには、この工場に住みこまなければならず、それは家族との別れを意味します。

そこでチャーリーが下した決断とは…

チャーリーは、工場で働く事を決めますが、ウォンカ氏に条件を出します。

工場には住みこまず、家から通勤する事。

そして、ウォンカ氏の事も家に招きます。

ラストシーンは、ウォンカ氏がチャーリーの家族と仲良く暮らしているシーンで締めくくられます。

3.「チャーリーとチョコレート工場」の見どころ


画像出典:http://www.warnerbros.co.uk

「チャーリーとチョコレート工場」を観るときに、特に注目していただきたいポイントをまとめます。

美しい色彩と実物にこだわった撮影


画像出典:http://www.warnerbros.co.uk

この映画の撮影は、できるだけCGを使わず、実物を使って撮影されました。

子供達が工場の中に入るとすぐに広い庭が広がり、チョコレートの滝が落ちてきて川になって流れています。

全部食べられるよ。さあ、地面に生えている草を食べておいで。

子供達や、その親までもお菓子でできた木や草をかじり始めますが、この色彩豊かな庭園は、すべてパティシエが本物のお菓子で作ったとの事です。

チョコレートの滝だけは、ジョニー・デップが実はチョコレートアレルギーで撮影に耐えられなかったらしく、別の食品で作られたそうです。

ショータイム!ウンパ・ルンパの音楽


画像出典:http://www.warnerbros.co.uk

チョコレート工場の中でも欲望むき出しな子供達は、工場の中で酷い目に合い、1人ずつ脱落していきます。

1人脱落するたびに、どこからともなく大勢のウンパ・ルンパが集まってきて、歌とダンスを披露してくれます。

「イヤミで嫌われ者のべルーカ・ソルトはゴミ捨て場に落ちてった」

などのひどい歌詞を、それとは対照的な軽快な音楽に乗せて歌います。

ジャズにファンク、70年代風ロックなどカラフルな音楽性のショータイム。

何人ものウンパ・ルンパが集まるこれらのシーンは全て、ディープ・ロイ1人が何度も撮影した重ね撮りだそうです。

本物のかわいらしいリス


画像出典:http://www.warnerbros.co.uk

工場内のナッツ選別工程では、リスがクルミの選別をしています。

ここではリスがクルミを叩いて調べ、良い実は材料としてラインに流し、悪い実はゴミ捨て場に捨てます。

ウィリーウォンカは「リスに選別を訓練してあるんだ」と言ってますが、このリスは本当に調教されてこの動きをしているのでした。

40匹のリスを19週間かけて、演技が出来るように調教したそうです。

4.この映画のポイント。現実性と非現実性のバランスが絶妙!


画像出典:http://www.warnerbros.co.uk

映画では多くの場合、非日常、非現実の世界が描かれます。

それを現実世界に生きている私たちが観て、感動したり、心から笑ったり、また映画から、さまざまな気づきをもらいます。

「チャーリーとチョコレート工場」には家族の大切さや(悪い事をしたら痛い目にあう)という分かりやすい教訓が込められていますが、それを観客に伝える手法が素晴らしいです。

数々のパロディやオマージュ


画像出典:http://www.warnerbros.co.uk

この映画では多くのオマージュが使われています。

ヒッチコックの「サイコ」やウイリアム・ワイラーの「ベン・ハー」と構図がまるっきり同じのシーンもありますし、「2001年宇宙の旅」の音楽がそのまま使われていたり。

ウォンカが最初に登場するシーンでは、なぜか彼の片手が「シザーハンズ」になっています。

これらの題材に使われている映画は、現実世界に生きている私たちが知っている映画です。

つまり、「チャーリーとチョコレート工場」の世界の中からスクリーンを飛び越えて、私たちに直接アクセスしてきています。

観客は、スクリーンの中に引き込まれているのではなく、あくまでも客席で見ているのだと実感し、現実世界に生きている事を忘れません。

不思議な物体


画像出典:http://www.warnerbros.co.uk

映画の中には(味の消えないガム)や(炎天下でも溶けないアイス)など、現実世界では作れないだろうという事が子供にでもわかるような不思議なものが登場しますが、劇中の子供達はたいして不思議がらずに、気軽に食べています。

そういう数多くの不思議なアイテムが映画の中ではごく普通の事のように取り扱われているので、見ている私たちの意識はスクリーンの中の世界に引き込まれていく事になります。

極めて現実的で理不尽な展開


画像出典:http://www.warnerbros.co.uk

実際に映画を観ていただかないと分かりづらいかもしれませんが、序盤のチャーリー少年がチョコを2回買ってもチケットを入手できないシーン。

ふつうの映画だったら、(いや、映画的にはここで当たるだろ)と思ってしまうほど、もったいぶった演出です。

しかも、それが2回続きます。

映画的にはチケットが当たるのが当然ですし、タイトルから「チャーリーとチョコレート工場」なわけですから、当たらない事には話が始まりません。

けど、これが私達の住む現実世界ならどうでしょうか?

世界中で売られているチョコの中から、たった1枚のチケットを当てるなんて、ほぼ無理ですよね。

さらにチャーリー少年は、その後お金を道で拾い、そのお金を交番にも届けず、落とした人も探さず、一目散にチョコを買いに走り、そしてチケットを当てます。

チャーリー少年は、純粋で優しく、極めて清らかな心の持ち主として描かれています。

そのチャーリー少年が、拾ったお金で速攻で自分のチョコを買うんです。しかも、それで奇跡を手に入れます。

こういうプロセスは、すごく現実的だと思いませんか?

また、ラストシーンに目を向けます。

工場の中で巨大なブルーベリーになってしまった女の子は、体の中のジュースを絞り出されて人間に戻りますが、身体中真っ青なままです。

また、小人のように小さくなってしまった男の子は、ローラーで伸ばされて、まるで紙のようにペラペラに薄くなったままです。

彼らはその姿のままでこの先、生きていかないといけません。

一方、ゴミ捨て場に落とされた女の子とチョコレートの沼に落ちてしまった男の子は、汚いだけなので、お風呂にでも入って体を洗えば元どおりになるはずです。

基本的にはハッピーエンドなこの映画。(みんな幸せ)で終わります。

しかし、途中で4人の(悪い子たち)には罰が与えられ、そのうち2人は洗えば元どおりですが、残りの2人は深刻な状況を変えてもらえません。

このような理不尽さ、不公平さはまさに現実世界のもの。

意識しなければ気にならないかもしれないシーンだからこそ、じわじわと効いてきます。

「チャーリーとチョコレート工場」はシンプルなメッセージを観客に実感させるために、時にはスクリーンの中に引き込み、時には観客席に戻したりしながら進んでいきます。

5.「チャーリーとチョコレート工場」はこんな人におすすめ!


画像出典:http://www.warnerbros.co.uk

基本的には、この映画をお勧めできないような人はいませんが、「特にあなただけには観ていただきたい」という人をピックアップします。

ディズニーランドが好きな人

冒頭にも「観るテーマパーク」と書きましたが、この映画はチョコレート工場という、ひとつのアトラクションの中に入っていくような感覚で観ることができます。

映像や音楽はどことなくディズニー風。

チャーリーが暮らしている、とことんボロい家も思わず中に入ってみたいと思うほどボロいですが、不思議な事にまったく不潔さを感じさせません。

ディズニーランドの雰囲気が好きな方は、ぜひこの映画を観てみてください。

もちろんファストパスは要りませんよ!

お子様がいる人(ぜひご一緒に!)

この映画の原作は児童小説です。

映画は大人が観て楽しめるようにブラックユーモアなどのエッセンスが多く盛り込まれていますが、ストーリーがもつテーマやメッセージ性は、これから大人になっていくお子様にぜひ観ていただきたいですね。

チャンスが訪れるのを待っている人

チャンスは待つのではなく、自分から掴み取りに行くもの…というのは詭弁ですね。

やっぱり待つしか無いんです。

けど、多くの場合は訪れたチャンスを逃してしまうものです。

劇中のチャーリーは純粋で正直な心を最後まで貫いてチャンスをモノにします。

筆者の半生の中でもいくつものチャンスを逃し、そしていくつかはモノに出来ることもありましたが、思い出してみると何かに対して「純粋」だったか、そうでなかったが分かれ道だったような気がします。

  • ジョニー・デップファンの人
  • イギリス英語の好きな人(皮肉や言葉遊びたっぷり)
  • チョコレートが好きな人

大人から子供まで、どんな人にもおススメです。
オチを知ってしまったら台無しになるような映画ではないので、一度観た方もぜひもう一度どうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です