【衝撃!これ実話!?】映画ビリギャルの意外な見方と本人の現在とは?

こんにちは!エンタメブリッジライターのしおりです。

今回は、2015年上半期に大旋風を巻き起こした「金髪の有村架純」で話題のビリギャルについてのあらすじと、この映画のみどころについて解説していきたいと思います。

それでは早速みていきましょう!

1.ビリギャルの作品紹介

公開日: 2015年5月15日 (日本)
監督: 土井裕泰
原作者: 坪田信貴
原作: 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話
出演者:有村架純、伊藤淳史、野村周平、田中哲司、吉田羊
受賞歴:日本アカデミー賞にて、優秀主演女優賞・新人俳優賞(有村架純)、優秀助演男優賞(伊藤淳史)、優秀助演女優賞(吉田羊)を受賞。

2.ビリギャルのあらすじ

ビリギャルメインビジュアル
画像出典:https://tsutayamovie.jp/

続いては、ビリギャルのあらすじをお伝えしたいと思います。

ビリギャルのあらすじ(ネタバレなし)

ビリギャルは、名古屋の高校2年生で学年ビリだったギャル…工藤さやか(有村架純)が1年間で偏差値40上げ、慶応義塾大学に合格するという実話に基づいたサクセスストーリーです。

中学から大学までエスカレーター式の私立明蘭女子高校に通うさやかは、ロクに勉強もせず、素行の悪いギャルでした。高2の1学期にはタバコを持っているところを担任に見つかり、ついに停学処分を受けてしまいます。

付属の大学に進学することさえ危うくなったさやかは、母の勧めでとある個別指導塾へ通うことになります。

ここの塾の講師「坪田先生(伊藤淳史)」との出会いが、さやかの人生を変える転機となりました。

さやかは、坪田先生の個性的な指導法にどんどん引き込まれていったのです。「ビリギャル」だったさやかは、どのようにして偏差値を上げ、慶応大学合格を勝ち取ったのでしょうか?

また、さやかの幼少期から崩壊寸前だった家族…。さやかの目標達成とともに、家族のメンバーたちはどのように変化するのでしょうか?
サイドストーリーとして進行する「家族の絆」の話からも目が離せません!

ビリギャルのあらすじ(ネタバレあり)

ビリギャル 父
画像出典:https://tsutayamovie.jp/

愛知県の私立女子高校に通う工藤さやかは、成績は偏差値30と学年ビリ。夢もなく、「ただ毎日が楽しければいい」と、夜遊びに明け暮れる毎日でした。

高校2年生の1学期、タバコを所持していたことが担任に見つかり、長期停学処分を受けます。その間頭を金髪にし、ギャルそのものになりました。さやかは、母親(通称ああちゃん)のすすめで、受験をして外部の大学へ進学すること、そのために塾へ通うことを決めます。

その個別指導塾にいた1人の講師、「坪田先生」との出会いがさやかの運命を変えます。
坪田先生の指導方針は、

「1人1人の個性を認め、どんな生徒にも可能性がある」と信じること。

さやかのことも、どんな小さなことでも「こんないいところがある」と褒めてくれ、可能性をどんどん引き出してくれる先生だったのです。

さやかもそんな坪田先生を心から信頼しはじめ、

「志望校どうする?慶応は?『慶応ボーイ』なんて聞いたことない?」
「なんかイケメンそろってそう!」

なんて軽いノリで、偏差値70もある慶応大学を志望校に決めたのでした。

高2で学力は小4レベル。「聖徳太子」を「せいとくたこ」と珍回答するほどのさやか。しかし、坪田先生の人柄と個性的な指導法にどんどん引き込まれ、猛勉強を始めます。
そして、1年後に見事に慶応合格を勝ち取りました。

 

さやかの慶応合格以外にも、本映画のサイドストーリーである「家族の再生」も見逃せません。
さやかの家族は、父・母・さやか・弟・妹の5人家族。
しかし、父は息子のゆうただけを溺愛し、ゆうたがプロ野球選手になることだけが唯一の関心事でした。そのためゆうたには毎日猛特訓をし、さやかと妹は完全にほったらかしです。
母親のああちゃんも父親の横暴ぶりにはとても口出しできない状況で、

この家族はできそこないや!

と父が言ってしまうほど、家族はバラバラで喧嘩も絶えません。
しかし、そんな崩壊寸前だった家族も、さやかが目標達成するにつれて1人1人が成長し、変化していきます。
父は改心し、ゆうたも反抗を乗り越えて自立。夫婦の絆も取り戻し、さやかも父を受け入れられるようになります。
家族が1つにまとまるラストは感動で思わず涙が出てしまいます。

ビリギャルのモデルとなったご本人の小林さやかさんも
「ビリギャルは受験の話ではありません。家族の話です」
と言い切っています。そんな家族の成長物語も大きな見どころです。

3.ビリギャルの見どころ

ビリギャル 坪田
画像出典:https://tsutayamovie.jp/

あなたの人生を変える!?「坪田語録」

慶応合格のキーパーソンは、もちろん塾講師の坪田先生です。
原作本を執筆されたのも、「坪田塾」を経営する実在の坪田信貴先生です。坪田さんご自身は過去に心理学を学ばれていたそうで、それを生徒への指導にも応用しているようです。
坪田先生は「生徒の伸ばし方」が一流なのです。

ビリギャルには、名言とも言えるたくさんの「坪田語録」が出てきます受験生だけでなく、年代・性別にかかわらず、たくさんの人心に響くと思います。
そんな坪田先生の名ゼリフをいくつかご紹介します。

「無理って思うことを成し遂げたら自信になる」
「ダメな生徒なんていないと思うんです。ダメな指導者がいるだけです」
「クズと呼ばれた生徒は、本当にそう思い込んじゃうんです。自分の可能性を信じなくなるんです」
(受験直前のさやかに対して)「プレッシャーがあるってことは、受かる自信があるってことだ」

これらは、坪田語録のほんの一部。
映画を
観たみなさんは、どんな言葉が胸に響いてくるでしょうか?楽しみにしていてくださいね!

父の恐ろしい支配から脱却した息子


画像出典:https://tsutayamovie.jp/

ビリギャルには見逃せないサイドストーリーがあります。
それは、父親と息子「ゆうた」の親子関係です。ゆうたは、幼少期から「将来はプロ野球選手」という過剰な期待を一心にかけられて育ちました。
「ゆうたがプロになることだけが希望や!」
と何度も何度も言う父の教育は、恐ろしいほど支配的・・・。

そんなゆうたは、父の言う通り野球一筋に頑張ってきました。
しかし!甲子園の名門高校に入学した後、ついに爆発します。周りの部員のレベルが違いすぎて練習についていけず、父に知らせることなく、勝手に野球部を退部していたのです。

そのことがバレると、
「オマエなんか恥ずかしい!このタワケ!!」
と父に殴る蹴るの暴力を振るわれます。ゆうたもゆうたでついに反撃。

野球はもうたくさんなんだよ!!

と殴り合いの喧嘩となってしまいました。
そんな父親の態度に寡黙なああちゃんもとうとうブチ切れ、

恥ずかしいって何なんですか!?

と、泣きながら金属バットでマイクロバスの窓をガッシャーンと叩き割りました。
まさに修羅場のシーンです。
ああちゃんがこんな行動に出たのも、ゆうたが父の夢を押し付けられて辛そうにしていた姿を、ずっと見ていたからなのです。
物静かなああちゃんまで爆発したことで、ようやく父は自分の「父親としての在り方」を見直すことになりました。

その後しばらくして、ゆうたに
「悪かったね…これからはお前の好きなように生きればいいわ」
と言えるまでになったのです。

「親と子の支配関係」って、永遠のテーマですよね。
ビリギャルでは、親の気持ちも子供の気持ちも現代風にわかりやすく描かれていますよ。

さやかに訪れた「E判定」スランプ

ビリギャル 慶応
画像出典:https://tsutayamovie.jp/

さやかだって、とんとん拍子に成績が上がって合格したのではありません。
受験直前に1度、大スランプを経験します。
猛勉強を始めてから1年、高3で慶応の模擬試験が始まった頃のこと。最初の模試の判定は「E判定」…これにはさやかも落ち込みます。
1度目はどうにか気持ちを立て直すことができましたが、その後しばらくして2度目に受けた模試も「E判定」…。

このころ、弟がちょうど高校の野球部について行けず、退部してやさぐれていた頃でした。落ち込んでいたさやかに対しても、

バカな夢追いかけるのもうやめろよ。まさか本気で慶応行けるとおもっとんのか?

と追い打ちをかけるようなセリフを吐きます。

さやかはここから激しいスランプに突入します。
これだけ勉強しているのに成績が伸びないことに絶望感がわき、

E判定 辛い 苦しい 助けて

と日記に書きつづります。

塾でも、坪田先生とついに衝突します。
「私もう、慶応じゃなくていいです」
と投げやりモードに突入。
「傷つきたくないから目標を下げるの?」
と説得を試みる坪田先生ですが、さやかは逆ギレしてしまい2人の言い合いはどんどんヒートアップ…

じゃあやめれば!?そんなんじゃどこにも受からないよ!

と、あの坪田先生が怒ってさやかを見放すような発言をしたのです!

さやかはそのまま塾を出て部屋に引きこもってしまいました。塾にも行かなくなりました。
このスランプを脱却させたのが、ああちゃんと話すことでした。

「辛いならやめてもいいのよ、もう十分頑張ったんだもん」
と励ますああちゃん。実際ああちゃんは、さやかが塾に通いはじめてからというもの、さやかがいきいきと生活するようになった姿を見るだけで幸せだったのです。

そんなああちゃんに、さやかは1つのお願いをします。それは
「東京に行って、実際に慶応大学を見ること」
でした。ああちゃんと2人で慶応キャンパスを訪れたさやかは、キラキラと生活する学生たちを見て、

あたし、やっぱり慶応がいい。

と気持ちを持ち直します。そして、スランプに負けず受験に立ち向かう気持ちを再び取り戻したのでした。

次の模試で、さやかは「C判定(合格可能性50%)」をたたき出し、諦めない気持ちはいよいよ現実のものとなっていきます。

ビリギャルのモデルとなった本人のその後(画像あり)

ビリギャル 本人
画像出典:https://wedding-tuku.com

こちらが、ビリギャルのモデルとなった実在の人物「小林さやか」さんです。映画のさやか同様、とてもかわいらしい方ですよね。
慶応合格後、実際の小林さやかさんがどうなっていったのか、気になりますよね!
小林さんは現在、顔も出されご自身のアメブロやツイッターで近況を報告されています。
(小林さやかさんブログはこちら、Twitterはこちら

インタビューによると、慶応に入学後は「広告学研究会(ミス慶応を排出するサークルの前身)」に入り、ここでも「人との出会いの大切さ」を学んだとか。単位はギリギリの卒業となったそうですが、授業では「学ぶことの楽しさ」をたくさん感じたそうです。
学生生活をそれなりに楽しんだようですね!

そして卒業後はブライダル会社に就職し、ウェディングプランナーの職に就いたそうです。家族との辛い過去を経験したからこそ
「同じ場所に、同じ日、同じ時間に大好きな人が集まる結婚式」
のお手伝いにやりがいを感じていたとか。

結婚式を挙げるのは新郎新婦にとっても大仕事。さやかさんは高校時代、坪田先生がやってくれていたように、挙式までの2人のモチベーションを上げることをモットーにしていたそうですよ。

2014年には結婚されフリーに転身、現在は全国各地で講演会などを行っているそうです。

4.ビリギャルをオススメしたい人

ビリギャル ラスト
画像出典:https://tsutayamovie.jp/

受験生、進学を考えている学生さん

受験映画だけあり、やはり受験生にはオススメしたいです。
成績を上げるモチベーション維持に役立ちます。
また「そもそも勉強することの意義」や「勉強するその先にあるもの」まで考えさせてくれる、学ぶことが楽しくなる映画だと思います。

受験生の周りにいる家族や友人

受験生を見守る立場にある家族や友人にもこの映画はオススメです。
さやかは決して1人の力で合格を勝ち取ったわけではありません。かといって、坪田先生の力だけでもありません。

さやかの合格は、親、兄妹の支え、友人、同じ塾生のサポートがあってこそ勝ち取ったものなのです。
「受験生の気持ち」を理解するにはうってつけの映画だと思います!

教育に携わる人(教師、保育者、習い事の先生など)

教育に携わる人全般にもオススメしたいです。
指導する立場にある人は、
「教え子にはこうなってほしいのに、全然効果がない」
と1度や2度、いや、毎日のように悩むことがあるのではないでしょうか?

坪田先生の生徒への言葉かけや接し方は、本当に学ぶことが多いです。
教える対象が学生であれ、幼児であれ、大人であれ、そのメソッドは共通するように思います。
「どんな声かけをすれば、教え子は物事を前向きにとらえるのか?」
「どんな指導者であれば、教え子はのびのびと成長していくのか?」
そんなことをたくさん教えてくれます。

ビリギャルでは、坪田先生の対極にあるような「ダメ教師役」の先生も出てきます。
この2人と、自分を比較しながら見るのも面白いですね。

親との関係に苦しむ子供

親との関係に苦しんでいる人にもオススメです。いや、これこそ映画ビリギャルの神髄かもしれません。
最近は「毒親」なんて言葉もありますが、「毒親に支配されている」と感じている人にはぜひ観ていただきたいです。もちろん「自分って毒親かも?」とちょっと自覚のある人にも観てもらいたいです。

ビリギャルでは父親がまさに毒親で、その被害(?)を1番受けたのは息子ゆうたでした。でも、その支配関係はずっと続いたわけではありません。ゆうたは、最後には立派に自立を果たし、父とも適度な距離感を保てるようになります。

ビリギャルは、親に支配された子供が、どんな思いでどんな葛藤を抱き、最終的にどうやって親離れしていくのか、とてもわかりやすく描かれていますよ。まるで心理学の本を噛み砕いたような映画です。きっと、毒親に苦しむ子供世代には、共感することや、前向きになれることがたくさんあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です