【ネタバレ・見どころ】『あの頃ペニー・レインと』夢と現実(リアル)の狭間で、もがきながら少年がたどり着いたものは・・・

あの頃ペニー・レインと メインイメージ

こんにちは、エンタメブリッジライターの小紅春子です。

「ボヘミアン・ラプソディー」や「アリー/スター誕生」など、音楽・ミュージシャンを取り上げた映画がアカデミー賞を受賞しましたね。

今回ご紹介するのは「あの頃ペニー・レインと」。主人公は15歳で有名音楽雑誌のライターとなり、ロックバンドのツアーに帯同した少年。そこで出会った女の子との思い出や友情、成長を描いた作品です。監督のキャメロン・クロウが自身の体験をもとに脚本を書き、高く評価されました。

さっそくご案内していきましょう。

1.「あの頃ペニー・レインと」の作品紹介

公開日: 2001年3月17日(日本)
監督・脚本: キャメロン・クロウ
音楽: ナンシー・ウィルソン
出演者:
パトリック・フュジット(ウィリアム・ミラー)、
ビリー・クラダップ(ラッセル・ハモンド)、
ケイト・ハドソン(ペニー・レイン)、
フランシス・マクドーマンド(レイン・ミラー/ウィリアムの母)、
フィリップ・シーモア・ホフマン(レスター・バングス)

受賞歴:第58回ゴールデングローブ賞 映画部門 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)/助演女優賞  第73回アカデミー賞脚本賞受賞 2000年放送映画批評家協会賞
オリジナル脚本賞/助演女優賞

2.「あの頃ペニー・レインと」のあらすじ

あの頃ペニー・レインと画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

それでは「あの頃ペニー・レインと」のあらすじをご紹介します。

ネタバレなし

1960年代サンディエゴ。主人公のウィリアムに友達はいない。

大学教授である母親の方針で2学年も飛び級させられ、食事のメニュー、会話の内容も厳格にしつけられていた。

彼には姉がいた。母親に反発し、スチュワーデスになるのだとこの街を出ていく。立ち去る前に弟ウィリアムにささやいた。

「ベッドの下を見て」

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

そこには母の目を盗んで姉が集めたロックのレコードが詰め込まれていた。こうしてウィリアムはロックに出会った。

母と2人だけの生活。時が経ちハイスクール卒業も間近の15歳の夏、あいかわらず友人のいないウィリアムだったが、あいかわらずロックに夢中で音楽ライターになることを夢見ていた。そしていくつもの出会いが彼を動かす。

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

  • 憧れの音楽ライターのレスター・バングス
  • 大スターになることを目指し活動する「スティルウォーター」のギタリストのラッセル
  • そして自らを音楽のミューズだと名乗る美しい少女ペニー・レイン

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

ついに有名音楽雑誌「ローリング・ストーン」誌からの原稿依頼も勝ち取った。

毎日2回は電話をかけると母親に約束して、ウィリアムは「スティルウォーター」のライブツアーに記事執筆のために帯同。ペニーへの淡い想いと自分の役目を抱えながら音楽業界に飛び込んでいくのだった。

ネタバレあり

音楽ライターとして駆け出しのウィリアムに、レスター・バングスは忠告しました。

「ロックスターとは親友にはなれない。正直に手厳しく書け。」
なにかあったら連絡をしろ、と。

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

あるライブ取材でウィリアムはペニー・レインと出会います。彼女は本当の自分自身のことを教えません。ほかの女の子たちとは一線を画し、気取って言います。「ミュージシャンとは本気では付き合わない。こちらが傷つくだけよ」

それでも彼女には目的がありました。このライブに出演している「スティルウォーター」のギタリスト、ラッセルに心を奪われていたのです。そしてウィリアムもまた気に入られ、バンドのツアーに誘われます。

ウィリアムは「ローリング・ストーン」誌からの仕事を受け、ほのかな思いをペニー・レインに寄せながら「スティルウォーター」と共にバスでツアー生活を過ごすことになります。しかしラッセルから

本当に大切なのは残してきた恋人や家族で、バンドは共同体。トラブルを起こしたくない。グルーピーのことは書くなよ

とオフレコでくぎを刺されます。危ういバランスの上にこのツアーがあることをウィリアムは感じ取るのです。

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

一方ペニー・レインはすぐに場に馴染んでいます。パーティーの真っただ中にキャビンアテンダントのアナウンスを真似ながら躍り出てその場を自分のものにします。ラッセルとペニーはすぐに別室に消えたのでした。

電話では相変わらず母親とケンカになります。ツアーに夢中になって約束を破るウィリアムを母親は心配します。

ある時、バンドの中でもめごとが起こります。ホテルではラッセルとほかのメンバーが対立し雰囲気は険悪に。

彼はウィリアムを外に連れ出します。
街をうろつきながら、ウィリアムは初めて自分の身の上を話し、ラッセルもウィリアムには心を開いていきます。

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

この街のファンからパーティーに誘われますが、ラッセルがLSDに手を出し滅茶苦茶なことばかりやりはじめます。

迎えに来たマネージャーと共にラッセルを連れてバンドにウィリアムですが、くたびれた顔で「もう家に帰るよ」とこぼすと、ペニー・レインは「ここが家よ」と微笑みます。ラッセルもやはり笑っていました。トラブルがあっても、またここに戻ってくる。そんな場所の一員になったのです。

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

ウィリアムは何とか執筆に励もうとします。ある時部屋にたむろする年上のグルーピー達が悪ふざけで彼に挑みかかってきますが、ペニーはただ笑ってみているだけ。

ウィリアムの気持ちを知っているのか、応えようとも助け出そうともしません。

周りの雰囲気に飲み込まれ家にも帰らず原稿もままならないウィリアムに、ある朝ストーン誌の編集者から原稿の催促の電話がかかってきます。檄を飛ばされ、慌てて中堅バンドのスターへの苦悩を書いていると伝えます。

これはあらかじめレスター・バングスに電話でアドバイスを聞いていたとおりで、ストーン誌はこれに食いつき4000字の記事と出来が良ければ「スティルウォーター」を表紙にしてもいいという提案をしてくるのです。

相変わらずホテルではペニーがラッセルの部屋に入り浸り、彼の部屋のドアノブには「ノックするな」の札がかかっています。

ある時、母親との電話に酔っぱらったラッセルが割り込んできます。からかって話す彼に母親はウィリアムが15歳であることを、未来があること、何かあっては許さないときつく言い渡します。この時ばかりはロックミュージシャンも襟を正さずにはいられないのでした。

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

バンドは新たな局面を迎えます。経験のあるマネージャーを迎え、彼がこれからバンドがトップスターになってくキャリアの道筋を提示したのです。

ついに慣れ親しんだバスを捨て、飛行機に乗り込む「スティルウォーター」とグルーピー達。新たなる旅が始まるのでした。

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

ボストンでの出来事。ほかの有名バンドと「スティルウォーター」は合流しバンドメンバーやスタッフたちが賭けポーカーを始めました。

「スティルウォーター」側から「50ドルとビールひと箱を求める。それに対してこちらからは美女3人をそちらに渡そう」と相手のバンドに持ち掛けます。

「その中にはペニー・レインも入っている」

勝負のテーブルについていたラッセルがうなずきました。ラッセルはペニーを手放すのに同意したのです。

そして取引成立。これから移動するニューヨークには自分の恋人がやってくる。女の出入りは激しいものだ、というラッセル。

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

ウィリアムはペニーに彼女のことを心配していると伝えます。しかし彼女はラッセルのことばかり聞き出そうとします。彼はなにを考えているのか。彼の恋人の存在も知っているのにそれでも自分が愛されていると信じて疑っていません。

ウィリアムはいらだち言います。

「君の現実(リアル)はどこだ!本名も知らない。そんな君は幻だ。内輪のルールや会話はうんざりだ。」

そしてついに50ドルとビールひと箱と引き換えに他のバンドに売られたのだと告げます。

だからニューヨークに一緒に連れて行ってもらえないのだと彼女も悟るのです。

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

ペニーと別れ、主人公はニューヨークにバンドと共に到着します。

ウィリアムはレストランでストーン誌の表紙に「スティルウォーター」が決まったとメンバーに伝え、彼らのテーブルは歓喜に包まれます。ところがラッセルの恋人も加わっているその席を遠巻きにして、いないはずのペニーがラッセルを見つめていたのです。

彼女は立ち去りますがウィリアムが追いついたとき、彼女はホテルの部屋で薬をお酒で飲みもうろうとしていました。その彼女にやっと想いを告げ二人はキスします。

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

そのころ故郷のサンディエゴでは、卒業式でウィリアムの名前が読み上げられ、母親がたった一人彼のために参加していました。

回復したペニーは翌朝ウィリアムに自分の本当の名前を告げます。そして彼より一足先にサンディエゴへの飛行機に乗り込み、故郷へ帰ります。はじめてバンドのパーティーに加わった時に真似ていたキャビンアテンダントのアナウンス。今では本物を聞いているのです。

あの頃、ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

バンドメンバーとウィリアムが自家用飛行機で移動中、雷雲に巻き込まれます。機長に不時着すると告げられてから全員がパニックになり告白、いえ暴露合戦が始まり、それぞれの身勝手な言い分が飛び交う中、ついにウィリアムはラッセルにペニーのことで怒りと想いをぶつけます。

結局飛行機は危機を脱し、空港でバンドとは別れました。ラッセルはウィリアムに

「自由に書け」

と言い残します。

サンフランシスコのストーン誌編集部へ向かい、一晩で記事を仕上げることを約束。どう書こうかと思い悩んで相談したレスター・バングスは言います。

「友達なら正直に、手厳しく書け」「立ち向かえ、今がスタートだ」

それは彼自身の苦悩でもあり、一番の励ましの言葉でもありました。

あの頃、ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

しかし書きあがったツアー帯同の原稿は「スティルウォーター」側よりでっち上げだとされ、掲載差替が決まります。

失意の中、空港で飛行機を待っている時、キャビンアテンダントになった姉が目の前に偶然現れます。

「疲れた顔しているのね。でも偉いわ、あなたは自立してママから解放された」

と彼を誉め休暇をとって二人で過ごすことを提案してくれるのです。

姉の提案を受け入れたウィリアムが望んだのは二人で実家に戻ることでした。

「許すわ」「謝らないわ」

ぎこちなく、でも愉快に笑いあう母親と姉。

あの頃、ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

ツアーを続けているラッセルでしたがペニーがニューヨークで起こした事を知り、そして自分がウィリアムと約束を破り、裏切る形になったことを考えなおします。

ペニーの自宅に電話をいれ会って謝りたいと告げるのですが、彼女が教えた住所はウィリアムの家のものでした。

戸惑うラッセルをウィリアムの母親は受け入れ彼はウィリアムと再会が叶います。そしてウィリアムは改めてラッセルにインタビューを始めるのでした。

ウィリアムの書いた「スティルウォーター」の記事は改めてストーン誌に掲載され、それぞれが自分の道を進むイメージでこの映画を結びます。

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

3.「あの頃ペニー・レインと」の見どころ

映画タイトルからは恋愛モノを描いた作品だと思われがちな本作(もちろん恋愛もテーマとしてはありますが)。

見どころはたくさんありますが、いくつかをピックアップしてご紹介します。

当時のカルチャー

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

実はこのペニー・レインという名前はビートルズの曲の名前であり、イギリス・リバプールにある実際の地名だそうです。音楽好きの人には有名なようですので、ウィリアムもすぐにそれが本名出ないと気付いたのでしょうね。

そしてもちろん「ローリング・ストーン」誌も実在の音楽雑誌であり、監督のキャメロン・クロウは15歳でこの雑誌においてライターとしてのキャリアをスタートさせました。

そのほかにも当時60年代の女の子たちのファッションやサウンドトラックなどとても素敵です。

能力はあるけれど・・・“見せかけの勝利”が続く登場人物たち

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

この作品の登場人物は他人より飛びぬけて優れたものを持っています。

  • ウィリアム・・・2年飛び級できてしまう賢さ、ストーン誌に執筆を依頼される実力
  • ペニー・レイン・・・たくさんの女の子の中でNo.1になれる美貌とキャラクター
  • ラッセル・・・バンドの中でもキーマンになれる音楽の才能
  • ウィリアムの母親・・・大学教授の地位とその知性

全員素晴らしい魅力を持ちつつも、むしろその能力によって人から敬遠されたり、本当に欲しい相手からの愛情・称賛がもらえていません。

いつまでも“見せかけの勝利”が続き、本心から目をそらすことでかえって人を傷つけてしまう・・・、そんな皮肉でままならない状況がかえって共感してしまうのです。

人間関係の輪 お互いに向かう感情のベクトル

この作品の登場人物はほとんどほかのだれかに対して約束を破ったり、傷つける行為をしています。

  • 母親・・・子供たちを縛り付けた
  • ウィリアム・・・母親との約束を破った
  • ペニー・レイン・・・ウィリアムを傷つけた
  • ラッセル・・・ペニーを傷つけ、ウィリアムとの約束を破った
  • 姉・・・家出という形で独立しつつ母を傷つけた

その傷つけあうベクトルが、ラストではお互いに謝り償う姿勢を見せることこそ作品のさわやかな余韻を生んでいると思います。

特に母親と姉の再会時のセリフ、図らずも家を訪ねてきたラッセルにウィリアムの母親がかけた言葉や態度が秀逸です。

物語を支える二人の名優

フランシス・マクドーマンド

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

知的な女性であり、シングルマザーであり、身勝手な一面もあり、息子に謝りに来たラッセルに向き合い、心から歓迎するなど、様々な面を持った人物です。

真剣なあまりエキセントリックな行動をとってしまいがちですが、その強さはラッセルの心までも救ったといえるでしょう。

演じるのは「スリー・ビルボード」主演女優のフランシス・マクドーマンドです。あの作品でも一筋縄ではいかない人生を歩んでしまった母親の哀しさ、強さを演じています。この映画で様々な賞レースにて助演女優賞を勝ち取りました。

フィリップ・シーモア・ホフマン

あの頃ペニー・レインと レスター・バングス
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

レスター・バングス役。キャリア上の先輩として突き放しつつもやさしく見守ります。

ウィリアムは時にふざけ半分でバンドメンバーから「天敵!」と呼ばれ、自分たちのことを洗いざらい書くだろう、あいつは信用できない。と言われるのですが、レスター・バングスにとっては通ってきた道。

常にどれだけ一緒にいても相手とは友人になれないこと、本当にライターとして生きていく姿勢を何度も電話越しに伝えます。この師弟関係はウィリアムを支えるのです。

実在のレスター・バングスはドラッグの過剰摂取により37歳の若さで亡くなり、演じたフィリップ・シーモア・ホフマン自身も46歳の時、同じ理由でなくなりました。

この二人の俳優の演技にも注目です。

4.「あの頃ペニー・レインと」はこんな人にオススメ

あの頃ペニー・レインと
画像出展:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FW5T4WS/ref=atv_yvl_list_pr_0

日本での劇場公開当時、ペニー・レイン一人が写るポスターをみて、

「かわいらしい女の子の映画」
「ロックミュージシャンとの恋愛映画」

と思い込んで観に行ったけれど実は人々の成長を描いた物語だったので驚いた、という映画ファンもいました。ぜひ、これから挙げる人たちにこの映画をオススメしたいと思います。

これから新生活を送る、または独立したいと考えている10代の人

新しい環境に飛び込み、もまれながら弾き飛ばされてしまう主人公。

自分の現実(リアル)の世界に戻ったのち、様々な人たちのやさしい計らいのおかげで再びライターのキャリアを再開、現実(リアル)と夢が混ざり合って自分のものになっていくのです。

ふだんのくらしの中でもやりたいことを自分のものにするのは大変ですし、居場所を確保するだけで疲れてしまう人もいるかもしれません。そんな時はぜひ、ウィリアムのセリフ「君の現実(リアル)はどこだ!」を思い出してみてほしいと思います。

音楽・ファッションが大好きな人

実在のバンドも多数登場します。

ライターとして実際に活動していた監督の作品であり、登場する小道具や衣装など、
保管しておいた当時のものをそのまま使っているシーンが多いそうです。

60年代を振り返りたい、参考にしたいときにもこの映画はとても価値があるのではないでしょうか。

お勧めいたします。

青春をすぎた大人たちにも

この作品の見どころでもお伝えしたように、主人公を見守る大人の存在があります。

自分がまだ不安定な十代だったころ、こんな風に見守ってくれる人が欲しかったと思わせてくれますが、しかし彼らとてけしてほめられた存在ではありません。どこか彼ら自身も世間から外れている印象があります。

そんな痛みを抱えつつ、主人公に対して向き合い、時に遠くから我慢して見守る姿をいまこそこっそり参考にしてみませんか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です